大人も子どもも楽しめる、参加型展示会! “見て”楽しむ、“考えて”楽しむ「ドラゼミ展」開催

PR TIMES / 2013年3月11日 10時52分

【主催】小学館ドラゼミ本部 【会期】3/15(金)~17(日)

通信添削学習サービスの「ドラゼミ」を運営する、株式会社小学館集英社プロダクション(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:紀伊 高明)は、2013年3月15日(金)~17日(日)の3日間、東京都の千代田区立日比谷図書文化館で無料の参加型展示イベント『ドラゼミ展』を開催します。

<千代田区立 日比谷図書文化館URL>
http://hibiyal.jp/data/card.html?s=1&cno=1733




~ドラゼミ展のご案内~
【会期】2013年3月15日(金)~3月17日(日)
【場所】千代田区立 日比谷図書文化館 1階特別展示室
    (東京都千代田区日比谷公園1番4号)
【開催時間】3月15日(金) 10時~21時
      3月16日(土) 10時~19時
      3月17日(日) 10時~17時
      ※最終入場は各回とも終了時刻の30分前とさせていただきます。
【入場料】無料
【主催】小学館ドラゼミ本部


1.“考えて”楽しい、大人も思わず考え込む問題 ~ドラゼミ問題ラリー~

 「ドラゼミの問題の面白さを、より多く、より幅広い人たちに体験してもらいたい」という想いを実現したのが今回の「問題ラリー」です。
 問題は全部で20問。問題の難易度別に各5問ずつ4つのステージに分かれています。
参加者には「ドラゼミ展」でしか手に入らない、切り絵のデザインが可愛いオリジナルポストカードをもれなくプレゼント。
 そして4つのステージのうちどれか1つでも5問全て解けたステージがあれば、さらに抽選プレゼントにも応募できます。
 大人でも20問全て解答できるのは難しい「ドラゼミ問題ラリー」は、ドラゼミの“考える力”を伸ばす学習を体験でき、頭の体操にもなるコーナーです。


2.“見て”楽しい、教材の表紙デザイン ~ドラえもんの切り絵ギャラリー~

 小学館の通信添削学習 ドラゼミの教材の表紙デザインは、切り絵でできています。
 その切り絵の現物を今回の「ドラゼミ展」では一挙に公開。数十点に渡る切り絵が展示ホールを彩ります。
 一つ一つ丁寧に仕上げた、切り絵の温かなデザインは、ドラゼミの隠れたこだわりです。
 そして、切り絵で描かれるドラえもんは、宇宙飛行士・消防士・飼育員・教師・駅長など、必ず何かの“職業”に結びつくデザインになっています。
この職業を表すドラえもんのデザインコンセプトは、「教材の表紙を通してドラゼミを受講しているお子さんたちに様々な職業を紹介し、将来に対する「夢」「目標」を育んでいってもらいたい」というドラゼミの想いから生まれています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング