【日本タレント名鑑】きっかけはモデル?グラビア?アイドル?若手女優のブレイク方程式を分析してみた!

PR TIMES / 2014年11月12日 12時19分

「日本タレント名鑑」を発行するVIPタイムズ社が、40年以上タレント情報を取り扱ってきた強みや知見を活かし、芸能界を様々な切り口で分析するコンテンツ「タレメreport」をリリース。第三弾として「きっかけはモデル?グラビア?アイドル?若手女優のブレイク方程式を分析してみた!」を公開しました。



1970年の創刊以来、各メディアの制作現場にて愛用されている『日本タレント名鑑』を発行する株式会社VIPタイムズ社(本社:東京都渋谷区 代表取締役:井草睦子)が、新しいコンテンツとしてスタートした「タレメreport」の第三弾として「きっかけはモデル?グラビア?アイドル?若手女優のブレイク方程式を分析してみた!」を『日本タレント名鑑webサイト』( http://www.vip-times.co.jp/ )で公開しました。

***********************************************************

きっかけはモデル?グラビア?アイドル?若手女優のブレイク方程式を分析してみた!

■細分化する若手女性タレント市場

70年代の若手女優と言えば、そのまま「アイドル」と同意語。松田聖子さんや小泉今日子さんなど、一人で歌手・グラビア・女優などを兼務し、すべての人々の羨望を集めていました。ところが、80年代おニャン子クラブなどの出現により、「バラエティと歌」をメインとするタレントが増え、「アイドル」というと「アイドル歌手」を表すようになりました。

90年代は西田ひかるさんや、「最後のアイドル」と呼ばれた高橋由美子さんを最後に、演技もするアイドル歌手が減少し、歌わない若手女優がグラビアなどに多数登場し、アイドル的な人気を博しました。そして、現在はグラビア界の高齢化や昨今のアイドルブームもあり、「女優」「アイドル」「グラビア」がまた細分化されてきています。そんな中、人気若手女優たちは一旦どんな形でブレイクをしているのでしょうか?検証してみました。

■現在主流の黄金ルート?ローティーンモデルからトップ女優へ!

90年代には、アイドル的なグラビアもこなす加藤あいさんや榎本加奈子さんなど、10代の若手女優が台頭しました。彼女たちは小中学生向け雑誌のモデルで、若いうちから人気に火がついたため、彼女たちの年齢にあわせて、ドラマの舞台が「小学校」「中学校」「高校」と変わっていくほどでした。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング