ベテランvs若手!実力派俳優の競演! 舞台「激動-GEKIDO-」

PR TIMES / 2013年4月23日 14時19分

松尾貴史さん、細貝圭さんの出演が決定!

ブロードウェイ期待度No.1のダニエル・ゴールドスタイン氏が演出!
激動のアジア史を駆け抜けた川島芳子の生涯を描く本作。
実力と個性を兼ね備えた俳優陣が参加!



舞台「激動-GEKIDO-」は、戦争という運命に翻弄された川島芳子の一生を基に、運命に弄ばれた男女の愛を描きます。演出を手がけるのは、「マンマ・ミーア」の全米ツアーや、難解なミュージカルと言われる「ゴッドスペル」のブロードウェイ・リバイバルを手がけた、ダニエル・ゴールドスタイン氏。独創性にあふれた、革新的演出は評価が高く、ブロードウェイで最も期待される演出家の1人です。アメリカ人演出家の手で、激動のアジア史を生きた人々のドラマを描くという意欲作である本作。主役・川島芳子役に水川あさみさん。川島芳子の養父・浪速役に別所哲也さんの出演が決まっています。そして、今回新たに松尾貴史さんと細貝圭さんの出演が決まりました。
ラジオDJ、エッセイスト、イラストレーター、コメンテーター、コラムニスト等幅広く活動する傍ら、テレビや映画そして舞台に出演し、強烈な印象を与えている松尾貴史さん。『海賊戦隊ゴーカイジャー』や舞台『戦国BASARA』で活躍しながら、昨年は蜷川幸雄演出の舞台『トロイラスとクレシダ』にも出演し、演技派俳優としての道を着々と歩んでいる、細貝圭さん。ベテラン&若手。二人の実力派俳優の競演も見どころです。


「男装の麗人」として一世を風靡し、第二次世界大戦では「東洋のマタ・ハリ」「満州のジャンヌ・ダルク」と呼ばれた川島芳子。多くの男性と関係を持ったとされる彼女ですが、華やかなイメージとはうらはらに、中国と日本の政治の波に翻弄されて孤独な運命をたどり、最後は中国で処刑という壮絶な結末を迎えます。本作は、そんな彼女の生涯に着想を得て、大胆な脚色を取り入れながら、激動の時代に生きた人々のドラマをお届けします。松尾貴史さんが演じるのは、人間のエゴと弱さを体現する人物・田中隆吉です。彼は、川島芳子と恋仲になり、スパイとしてのノウハウを授けた人物です。しかし破局後は、芳子を恨むようになり、彼女が裁判にかけられた際は、敢えて不利な証言を行い、芳子を処刑へと導くきっかけを作ります。一方、細貝圭さんが演じるのは、芳子を弄ぶ初恋の相手・山家亨です。女性と数多くの浮名を流した山家。ことごとく芳子の思いを裏切り、結果として政治的に複雑な立場にあった彼女の精神を不安定にさせていきます。ブロードウェイ演出家の手により、日本の実力派俳優たちが繰り広げる、「川島芳子」の新たな解釈。
舞台「激動」は8月23日から9月2日まで、新国立劇場中劇場にて上演。


公演名:「激動-GEKIDO-」

脚本:横田理恵

演出:ダニエル・ゴールドスタイン

劇場:新国立劇場中劇場

公演期間: 2013年8月23日(金)~9月2日(月)

チケット料金:S席8,500円、A席6,500円(税込)

一般発売:各種プレイガイドにて、5月25日(土)受付開始予定

企画・製作:ドリームプラス

公式ブログ:http://gekido2013.exblog.jp/

お問い合わせ:
ドリームプラス 
TEL:03-6455-0051(平日12時~18時)
E-mail:stage@dreamp.jp

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング