ヘイズ、キャリア・アップに向けた自身のブランド戦略についてコメントを発表

PR TIMES / 2013年3月19日 16時12分

【東京2013 年3月19日】人材紹介会社のヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、リージョナル・ディレクター、ジョナサン・サンプソン、以下ヘイズ・ジャパン) はオンラインでの自己ブランド戦略についてコメントを発表しました。オンライン上で自分自身のブランドを確立することは効果的ですが、その情報は様々なチャネルで多くの人に閲覧されています。これから真剣にキャリア・アップに取り組もうと考える人は、掲載する個人情報や履歴書の統一性に注意を払うことが重要です。

オンライン上での情報公開は、候補者側には企業へ向けた自己PRを、企業側には候補者の履歴書の閲覧を可能にしますが、それだけではなく、候補者が過去に働いた企業、社会的、個人的な人脈、さらには現在関わっている人材紹介会社などがソーシャルメディア上で広く公開されます。

ヘイズ・ジャパンのリージョナル・ディレクター、ジョナサン・サンプソンは次のように述べています。「オンライン上での自己ブランドの形成は候補者がどのように見られているか、つまり候補者に対する評価を左右するものです。その効果をよく理解し事前に自己ブランドを確立すれば、採用される可能性のある企業の上司や人材紹介コンサルタントと会う前に、自身のブランドを提示し転職に役立てることができます」。

「企業は人材採用時に、その人材が企業文化に溶け込めるか、求める資質を有しているか、確かめる必要があります。ソーシャルメディアを活用すればそれを確認することができるため、オンラインに限らずオフラインでも、良好な自己ブランドを構築し、それを維持、管理することが欠かせません」。 

「企業は今年以前よりもさらに洞察力を持つことが予想されます。企業に採用されたらどのような価値をもたらすのかなど、自己ブランドを通じて明確にアピールすることが必要でしょう」。

ヘイズ・ジャパンが提案する効果的な自己ブランド確立のための5つのアドバイスは次の通りです。

1. 「自己ブランド」の見直し

自身について他の人が表現する時に使うだろうと予測される言葉、例えば「信頼できる」「積極的」「仕事に集中する」または「しばしば遅れる」「言い訳ばかり」「同僚と話している時に携帯電話やモバイル端末を見る」などをリストにします。自身に有益か不利か分けて整理し、上司やメンターの意見を聞いてみます。ここでは率直な意見を聞く覚悟をしてください。本当の自分を見つめる覚悟が無ければ、自身の行動や習慣を変えることはできません。

「自己ブランド構築の成功に向けた重要な最初の一歩は、自身のブランドをできるだけ正直に見直すことです。悪習慣を見つける、短期講習などで時間管理のスキルを身につけるなどの行動計画を立てましょう」とサンプソンは言っています。

2. ソーシャルメディア
ソーシャルメディアを自己ブランドに利用することに賛否両論ありますが、将来働きたい企業や上司となるかもしれない人々をはじめ、人材コンサルタントなどがオンラインで、ワンクリックするだけであなたの自己ブランドを閲覧できるのが現実です。

「オンライン上のプロフィールや活動を、自己ブランドと統一してください。自己ブランドとして、リーダーシップや創造性のある問題解決能力をアピールしているのならば、オンライン上のあなたの活動は、ネガティブであってはなりませんし、従来型の問題解決方法を踏襲している印象を与えるのも賢明ではありません」とサンプソンは述べています。

LinkedInのプロフィールを作成したら、自身のスキルを提示し、他の人々からあなたのスキルについてポジティブな発言や推薦をしてもらうよう管理します。自身が所属する業界のオンライン・グループに参加し、業界リーダーのツイッターもフォローしましょう。また、業界関連のツイッターやブログを通じて、自身の見識や有効なリンク先を他の人と共有するのも良いでしょう。

3. 過去に働いた企業との関係継続 

過去に働いた企業の上司や、将来リファレンスをもらう可能性のある人々とのつながりを維持することは重要です。新しい仕事にチャレンジする際は彼らに知らせ、自身の自己ブランドの価値も見てもらいます。忙しい人々が時間を割くわけですから、状況を理解し敬意を払い自身のスキルや新しい仕事の責任の範囲などを知ってもらいます。彼らの中で転職に成功した人がいたら、そして適切ならば、一緒に喜んであげましょう。この人々の中に将来あなたの採用を行い、あるいは推薦をしてくれる人がいるかもしれません。

4. 人材コンサルタントの最大限の活用

自己ブランドをアピールするために、人材コンサルタントと関係構築することも重要です。彼らは採用や給与動向に詳しく、転職対象となる企業の情報を得ることができます。

人材コンサルタントがあなたを優秀な人材と判断すれば、企業に対し積極的にあなたを推薦しますから、人材コンサルタントとの関係を最大限有効に活用しましょう。最初のポジジョンがあなたの希望と完全に合わなかったとしても、あなたの自己ブランドを良く知る人材コンサルタントは、適切な仕事がみつかればあなたを思い出してくれます。

人材コンサルタントの仕事は、企業のために最適な人材をみつけることですから、人材コンサルタントと転職候補企業には同じ内容を伝えてください。仮に人材コンサルタントに伝えていた希望報酬よりも多額の報酬を企業側に希望した場合や、伝えている内容に大きなズレがあると、あなたの自己ブランドの信用性は両者から失われてしまう可能性があります。

5. ネットワーキングのための時間作成

どんなに時間を費し努力してネットワーキングを行っても、それを自己ブランドに反映しなければ意味がありません。LinkedIn のプロフィールをはじめ、あなたの業界ブログ、ツイッターなどソーシャルメディアの内容も最新の状況を反映したものにアップデートしてください。

雇用、給与情報を継続的にフォローし、業界の様々な協会やグループに加わり、セミナーや講演会などにも積極的に参加しましょう。

月に一度はキャリア・アップに貢献してくれそうな人と談話の機会を持ってください。現在仕事に就いている人も将来のために人材コンサルタントとの関係を維持してください。

本件に関するお問い合わせ先:
ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社
朝倉 03-3560-2813
 
ヘイズ・グループについて
ヘイズ・グループは、グローバルな人材サービスを提供するスペシャリストの人材紹介会社です。世界33カ国*、245の拠点において、7,800人超の従業員が経験とスキルを備えた人材サービスをグローバルに提供しています。

ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社について
ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社は、ヘイズ・グループの日本法人として2001年に東京で設立されました。同社は日本で唯一、東京赤坂本社、新宿支店、大阪支店の3つの国内拠点を擁する外資系人材紹介会社です。「経理・財務」、「金融」、「ファイナンス・テクノロジー」、「人事」、「ヘイズ・リソース・マネージメント」、「IT」、「保険」、「法務」、「ライフ・サイエンス」、「オフィス・プロフェッショナル」、「不動産関連」、「セールス&マーケティング」、「サプライチェーン」の13の専門分野に精通したコンサルタントが豊富な知識と経験をもとに、正社員から契約・派遣社員まで、企業の人材採用や個人のキャリアアップを支援しています。

*日本、オーストラリア、オーストリア、ベルギー、ブラジル、カナダ、チリ、コロンビア、中国、チェコ共和国、デンマーク、フランス、ドイツ、香港、ハンガリー、インド、アイルランド、イタリア、ルクセンブルグ、マレーシア、メキシコ、オランダ、ニュージーランド、ポーランド、ポルトガル、ロシア、シンガポール、スペイン、スウェーデン、スイス、アラブ首長国連邦、イギリス、アメリカ

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング