第2回「全広連日本宣伝賞」各賞決定

PR TIMES / 2014年1月31日 17時30分

5月開催の第62回全広連名古屋大会で贈賞

全日本広告連盟(全広連)は、昨年12月18日、第2回「全広連日本宣伝賞」選考委員会を開き、「松下賞」を樋口武男氏(大和ハウス工業(株))、「正力賞」を鈴木敏夫氏((株)スタジオジブリ)、「吉田賞」を高野 功氏((株)大広)、「山名賞」を横尾忠則氏(美術家)にそれぞれ贈賞することを決定しました。

公益社団法人全日本広告連盟(大平 明理事長)は、昨年12月18日、第2回「全広連日本宣伝賞」選考委員会を開き、「松下賞」を樋口武男氏(大和ハウス工業(株))、「正力賞」を鈴木敏夫氏((株)スタジオジブリ)、「吉田賞」を高野 功氏((株)大広)、「山名賞」を横尾忠則氏(美術家)にそれぞれ贈賞することを決定しましたので、お知らせいたします。各賞は、5月14日(水)開催の「第62回全広連名古屋大会」(名古屋市「名古屋国際会議場」)式典内で、贈賞を行う予定です。

各賞の受賞者と贈賞理由は以下の通り。

第2回「全広連日本宣伝賞」各賞受賞者と贈賞理由
◆「松下賞」
樋口武男(ひぐち たけお)氏
大和ハウス工業(株) 代表取締役会長兼最高経営責任者

1938年兵庫県生まれ。63年大和ハウス工業(株)入社。89年常務取締役、91年専務取締役、2001年代表取締役社長を歴任し、04年より現職。テレビCMを中心にユーモアあふれる広告活動を積極的に展開し、幅広い層への認知拡大に成功した。また、共創共生をテーマとした企業広告を郡上八幡・金沢を舞台に発信し、広告活動を通じて、同社ブランドへの信頼性を高め、広告の社会的使命を果たすと共に、広告界の向上・発展に貢献した。東日本大震災では、住宅メーカーとして被災エリアの復興に向け応急仮設住宅を建設するなど積極的に支援活動を行った。文化事業への協賛も数多く、人々の生活を質的に豊かにする新たな文化を創造することにも多大な貢献をした。(一社)住宅生産団体連合会会長、(一社)大阪交響楽団運営理事長など公職も多くつとめる。

◆「正力賞」
鈴木敏夫(すずき としお)氏
(株)スタジオジブリ 代表取締役プロデューサー

1948年名古屋市生まれ。72年(株)徳間書店入社後、アニメーション雑誌「アニメージュ」の創刊を手がけ、85年スタジオジブリの設立に参加、89年からスタジオジブリの専従に。「風の谷のナウシカ」「天空の城ラピュタ」「となりのトトロ」と評価の高い作品を生み出すスタジオジブリに、それまで行っていなかった地上波テレビや他企業と組んで公開前に大々的に宣伝する手法を導入。2001年の「千と千尋の神隠し」では、2,340万人を動員。国内最高の304億円の興行収入を獲得し、日本映画界を席巻する。コンテンツ制作力の高さに加え、宣伝を効果的、大量に行うことにより次々とヒット作品を生み出し、広告界全体の活性化にも大きく寄与した。スタジオジブリ作品は海外でも高い評価を集め、日本映画界・アニメ界の発展に多大な貢献をしている。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング