「RED U-35 (RYORININ’s EMERGING DREAM)」受賞者決定 初代レッドエッグは「レストラン ラ・フィネス」オーナーシェフの杉本 敬三さん

PR TIMES / 2013年11月5日 9時36分

新時代の若き才能を発掘する日本最大級の料理人コンペティション



RED U-35 (RYORININ’s EMERGING DREAM) 実行委員会は、11月4日、「RED U-35授賞セレモニー」にて、35歳未満の最優秀料理人に送られる賞である「レッドエッグ」に「レストラン ラ・フィネス」オーナーシェフの
杉本 敬三さんを選出しました。
 「レッドエッグ」に選ばれた杉本さんには、賞金の500万円と「世界一憧れる料理店に食べに行ける研修!」、「REDメンバーが導くスターへの道!」として、今後の活動においてRED U-35が最大限のサポート体制を敷くことが約束されました。
 RED U-35では、5月の募集開始から、日本国内はもちろん、欧州を始め世界で活躍する日本人の料理人からも計451名に上るエントリーがありました。選考については、書類審査(一次審査)、映像審査(二次審査)を経て、審査員が参加者のお店まで直接会いに行く訪問審査(三次審査)を行い、ファイナリスト6名を「ゴールドエッグ」として選出。そして本日の審査員全員による実食と面接の最終審査の4段階による審査によってグランプリの「レッドエッグ」が決定となりました。また、準グランプリには、「ミシェル・ブラス トーヤ ジャポン」の小岸 明寛さん、「Hotel Le Bristol Paris」役職付き料理人の安發 伸太郎さんの2名を選出し、それぞれに賞金50万円が授与されました。
約500人の来場者が詰めかけた授賞セレモニーの会場で、各審査員から「技術面だけでなく、文化面からも料理を捉え、新しい表現へと再構築できる料理人」、「プレゼンテーションなど発信力が高かった」と評された「レッドエッグ」杉本さんは「料理のレベルはファイナルまでくると同じレベルですが、常に楽しくやろうと心がけて料理しました。ファイナルの6名は料理の技術だけではなく、人間的にも素晴らしかったので、最後まで結果の分からない良い大会でした」とコメントしました。
また、審査委員長である辻芳樹(学校法人辻料理学館 辻調理師専門学校 理事長・校長)は本大会を「技術だけでなく、人格やどんな夢を持っているか、そしてその夢にどれだけ共感できるかを基準に審査し、それに相応しい料理人を選ぶことができました。」と総評しました。総合プロデューサーである小山薫堂は、「レッドエッグの杉本さんのお店が日本一予約困難なお店になる前に皆さんどうぞ予約してください」とコメントし、また来年以降の「RED U-35」の継続を発表し幕を閉じました。「RED U-35」では、今回のグランプリ受賞者を新時代のスターとして以降継続的にサポートしていくとともに、若手料理人の夢を叶えるため、2014年も大会を開催し日本の次世代の料理界を総力を挙げて応援していきます。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング