米国ジョンソンコントロールズ インクと日立が空調システム事業で合弁会社を設立

PR TIMES / 2013年12月3日 18時32分

ジョンソンコントロールズと合弁会社で業務用空調分野の世界一へ

米国ジョンソンコントロールズ インク、株式会社日立製作所および日立アプライアンス株式会社は、空調システム事業の合弁会社設立に関して法的拘束力のない覚書(MOU)を締結しました。今後、3社は詳細を協議し、それぞれの取締役会による機関決定ならびに必要な承認等を経た上で最終契約を締結し、2014年中に合弁会社の設立をめざします。

米国ジョンソンコントロールズ インク(社長兼CEO:アレックス・モリナローリ/以下、ジョンソンコントロールズ)、株式会社日立製作所(執行役社長:中西宏明/以下、日立製作所)および日立アプライアンス株式会社(取締役社長:二宮隆典/以下、日立アプライアンス)は、空調システム事業の合弁会社設立に関して法的拘束力のない覚書(MOU)を締結しました。本覚書では、ジョンソンコントロールズが、日本国内における販売・サービス部門およびその他一部の資産を除く日立アプライアンスのグローバル空調システム事業の株式の60%を取得することなどを定めております。今後、3社は詳細を協議し、それぞれの取締役会による機関決定ならびに必要な承認等を経た上で最終契約を締結し、2014年中に合弁会社の設立をめざします。

設立する合弁会社は、ジョンソンコントロールズのワールドワイドの販売網と日立の先進技術を結合することで、VRF*1やインバーター空調機器などの主要製品を業務用および家庭用の空調市場に提供してまいります。

ジョンソンコントロールズ社長兼CEOのアレックス・モリナローリは「継続的な研究開発投資により培った優位技術を通じて、日立は世界のHVAC*2産業に多大な貢献をしてきました。日立の協力を得ることにより、我々の製品ポートフォリオにキー技術を付加することができます。現在のビル設備とサービスに関連するビジネスの売上規模150億ドルに加え、今回の投資を行うことで、ジョンソンコントロールズは業務用空調分野で世界一となります。」と述べています。

ジョンソンコントロールズは、HVAC、ビル制御、冷凍機器、セキュリティシステムを提供するグローバル・コングロマリットです。ビルディングシステムズ部門では、世界150カ国以上に約700拠点のオフィスを構え、100万を超える顧客にエネルギー効率向上と運用コスト低減を実現するソリューションを提供しています。
一方、日立アプライアンスは、インバーター家庭用ルームエアコンから、VRF、業務用、産業用空調システムまで高品質、高効率、高信頼の空調ソリューションをグローバルに提供しています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング