JSOL、Biz∫会計のクラウド環境導入サービスを提供開始

PR TIMES / 2014年2月13日 15時23分

~アマゾン ウェブ サービスを活用し短期間・低コストでの導入を実現~

 株式会社JSOL(本社:東京都中央区、代表取締役社長:中村 充孝、以下「JSOL」)は、株式会社 NTTデータビズインテグラル(本社:東京都港区、代表取締役社長:中山 義人、以下「Biz∫社」)の提供する純国産ERPパッケージであるBiz∫会計を、クラウド基盤での利用に適したノンカスタマイズ(追加開発なし)型で、アマゾン ウェブ サービス(以下「“AWS”」)と共に提供するサービスを開始いたします。



JSOLではこれまでの豊富なERP導入実績に基づき、Biz∫会計の導入において、お客様の財務・経理業務の効率化や決算早期化、IFRS対応などで投資対効果を最大化するご支援を行って参りました。

昨今のさらなる初期コスト削減と導入期間の短縮への要請に応えるため、クラウド環境での利用を想定し、JSOLの業務ノウハウを活用した推奨設定によ り、カスタマイズ(追加開発)をしないでご利用いただけるモデルをご用意しました。プロジェクト推進上必要な決定事項を事前に一覧化した「決定事項一 覧」、業務ユーザー視点での利用方法を紹介する「業務イメージ説明書」、必要なマスタ・残高データを作成するための「入力シート」などを予め準備すること により、効率的にプロジェクトを推進。プロジェクトキックオフから最短4ヶ月でシステム設定の完了が可能です。

また、インフラ面ではクラウド環境として多くの実績を有する“AWS”を活用し、従量課金でご利用いただけるサービスに標準対応しております。これによ りH/Wの調達期間の短縮、オンデマンドでのH/Wの利用が可能となり、初期費用、運用費用の負担が大幅に軽減されます。

クラウド導入モデルへの適合性を効果的・効率的に判断するために、「クイック導入診断」をご用意しており、最短2週間の導入診断で対応範囲・対応方針を確定させます。本サービスは第一号ユーザーの利用が決定しており、今後3年間で10億円の受注を計画しています。

■Biz∫の特徴及び標準的導入スケジュール
▽ワークフロー・経費管理一体型
国内No.1のワークフローであるintra-mart上で稼働し、各種伝票登録と同時にワークフローが回議されます。また、会計フロントシステムとして経費管理モジュールも一体化されています。
▽きめ細やかな業務要件対応
経済産業省から公表されている「経理・財務サービススキルスタンダード」に準拠し、単体およびグループ経営に必要な財務・経理業務をカバーしており、国産パッケージならではの、きめ細やかな会計業務要件への対応を実現しています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング