ブロケードとEMC、ファイバーチャネルSANにおけるソフトウェア・デファインド・ストレージの普及に向けて協力

PR TIMES / 2013年11月5日 11時51分

~新たにリリースされたEMC ViPRソフトウェア・デファインド・ストレージ・プラットフォームとBrocade SAN管理技術を組み合わせて提供。~

ブロケードは、同社のSAN管理技術であるBrocade Network AdvisorとEMC(R) ViPR(TM)ソフトウェア・デファインド・ストレージ・プラットフォームの連携機能を提供することを本日発表しました。



2013年11月5日
《報道資料》
ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社

ブロケードとEMC、ファイバーチャネルSANにおけるソフトウェア・デファインド・ストレージの普及に向けて協力

~新たにリリースされたEMC ViPRソフトウェア・デファインド・ストレージ・プラットフォームとBrocade SAN管理技術を組み合わせて提供。5万社以上のEMCとブロケード共通のSAN製品ユーザは、高度な仮想化機能を利用可能に~


【本日の発表の要点】--------------------------------------------------------------------------------------------------------
* ブロケードは、同社のSAN管理技術であるBrocade Network AdvisorとEMC(R) ViPR(TM)ソフトウェア・デファインド・ストレージ・プラットフォームの連携機能を提供することを発表しました。

*この連携機能により、Brocade Fabric Vision(TM)テクノロジによって機能拡張が施されたブロケードの第5世代ファイバーチャネルSANソリューションを活用し、現在および将来のアプリケーション導入に関わるデータセンターのコストおよび複雑性を軽減します。

* EMC ViPRプラットフォームは、2013年11月1日より、EMCジャパンから提供開始されています。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
   
【カリフォルニア州サンノゼ、2013年10月1日(米国本社リリース抄訳)】データセンター・ファブリックネットワーク・ソリューションのリーダーであるBrocade(R) (Nasdaq: BRCD、 以下ブロケード)は本日、同社のストレージ・エリア・ネットワーキング(SAN)管理技術とEMC(R) ViPR(TM)(ヴァイパー)ソフトウェア・デファインド・ストレージ・プラットフォームを連携させることで、5万社以上のEMCとブロケードの共通のお客様が、高度に仮想化されたクラウド環境内においてEMC ViPRの仮想化の利点を直ちに実現できるようになったことを発表しました。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング