協和精工株式会社、国産腕時計「ミナセ」の「HiZシリーズ」 新商品 「DIVIDO」(ディヴァイド)9月24日発売

PR TIMES / 2014年9月24日 11時50分

ブレスレットは組木細工をヒントにした特許技術の「MORE構造」 クロコダイル革ベルトは裏地にラバー素材を手縫いしたハイブリッド仕様



精密工具メーカーとして創業した総合時計製作メーカー、協和精工株式会社(本社:秋田県雄勝郡、代表取締役社長:鈴木豪、以下、協和精工)は、同社の国産腕時計ブランド「MINASE」(ミナセ)の「HiZシリーズ」(ヒズシリーズ)の新製品男性用機械式腕時計「DIVIDO」(ディヴァイド)を発表、9月24日発売します。

「DIVIDO」とは国際共通語のエスペラント語*で、“分割”“分ける”という意味です。「DIVIDO」のケースやラグは上下2層に分割されており、側面が鼓(つづみ)のようにくびれ、多くの面で構成されたケースは「ザラツ研磨」*という手法で職人の手によって一つひとつ磨き込まれ、時計全体の陰影を楽しめる仕上がりになっています。

メタルブレスレットの構造は、組木細工をヒントにした協和精工独自の「MORE構造」*です。MORE構造は量産性を重視した製造⽅法とは異なり、一つひとつのパーツを職人が加工し、丁寧に研磨したパーツを組み合わせ、ネジで組み立て製品化したものです。その構造が評価され、2011年に協和精工は2種の特許を取得。今回、初めてHiZシリーズに採用しました。MORE構造のブレスレットは、一人の職人が全ての研磨仕上げを施すので、どこから見ても均整のとれた上質な外観に仕上がります。そのパーツは全てバラバラに分解が可能でアフターメンテナンスでのパーツ交換は最小で済み、ブレスレットの再研磨も可能です。そのため、販売店や製造元の協和精工にとっては、交換用の部品を大量に保管する必要はなく、長期間サポートできるロングライフ構造といえます。

今回、発売されるモデルは、ブレスレットタイプが3種、クロコダイル革ベルトタイプ3種の計6モデルです。クロコダイル革ベルトは裏地にラバー素材を手縫いしたハイブリッド仕様です。また、「DIVIDO」は、既存のMINASE HiZシリーズと同様に、機械式自動巻ムーブメントを搭載し、「Case in Case 構造」という特長も備えています。「DIVIDO」の税抜本体価格はブレスレットタイプ46万円、クロコダイル革ベルトタイプ35万円です。

協和精工では、高級感や個性を大切にする男性層への訴求をねらうほか、日本の文化や技術に関心を持つ世界の富裕層の市場も新たに開拓する予定で、日本独特の匠の技で秋田県皆瀬から世界を目指します。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング