ペイパル「リテールテックJAPAN」に初出展

PR TIMES / 2014年2月18日 12時1分

ブース内に顔パス感覚の「ペイパル チェックイン支払い」や 「ペイパル オーダー アヘッド」が体験できる「Cafe NESCAFE」もオープン

PayPal Pte. Ltd. (本社:シンガポール、東京支店カントリーマネージャー:エレナ・ワイズ(Elena Wise)、以下「ペイパル」)、および日本PayPal株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 兼 CEO:多田 彰、以下「日本PayPal」)は、実店舗でのモバイルを活用した決済方法と、「ペイパル」を活用したオムニチャネル・コマースの国内での本格展開を推進するにあたり、2014年3月4日(火)から開催される「リテールテックJAPAN」に初出展します。

 今回の出展では、スマートフォン向け無料アプリ「PayPal」を利用して、来店前にお客さま(買い手)の氏名と顔写真を店舗に通知することで、現金やクレジットカードがなくても顔パスのような感覚でショッピングができる「ペイパル チェックイン支払い」に加え、店舗に到着する前に「PayPal」アプリから予め商品の注文・支払いができる機能を付加した 「ペイパル オーダー アヘッド」、オンラインショッピングサイト向けのシンプルでスピーディーな決済を実現する「ペイパル エクスプレス チェックアウト」の3つのソリューションを紹介します。

 さらに、ペイパルのブース内には、昨年11月から「ペイパル チェックイン支払い」を導入しているカフェ ネスカフェ 原宿の全面協力により「Cafe NESCAFE」をオープンします。来場者は、スマートフォン向け無料アプリ「PayPal」を利用したモバイル決済を体験し、ドリンクを購入できます。また、「ペイパル チェックイン支払い」と同一のペイパルアカウントを利用して一部のネスレ製品を、その場でオンラインショッピングできる「ペイパル」を活用したオムニチャネル・コマースも体験できます。

 ペイパルと日本PayPalは、2012年9月から日本国内で初めて、スマートフォン決済ソリューション「PayPal Here(tm)」の提供を開始し、多くの業種・規模の事業主への導入を推進してまいりました。「リテールテックJAPAN」では、実店舗でのモバイル決済に加え、「ペイパル」を活用したオムニチャネル・コマースなどを来場者に実際に体験いただく中で新しい決済方法の理解促進を図り、今後のさらなる店舗への導入を目指して参ります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング