アストンマーティン、新型 V12 Vantage S Roadsterを発表

PR TIMES / 2014年7月17日 9時50分

エキサイティングなオープン・スポーツカーへの招待状

・アストンマーティン史上もっともパワフルで魅惑的なロードスター
・6.0リッターV12エンジンは565bhp/620Nmのパワーと323km/hの最高速を実現
・卓越した敏捷性と至高の感動を提供するニューモデル




アストンマーティンは、待望のV12 Vantage S Roadsterを発表し、かつてないエキサイティングなドライビングの新たな世界を切り拓きます。

今年後半に発売が予定されているこの新しいスポーツカーは、アストンマーティン史上もっともパワフルかつ最速の量産ロードスターとして、2013年に発売され世界中で称賛されたV12 Vantage Coupeが刻んだ偉大な軌跡を辿ることになるでしょう。

アストンマーティンの現行ラインナップのなかでは、もっともエモーショナルで魅力的なオープントップ・ドライブ体験を提供するV12 Vantage S Roadsterは、スポーツカーならではの敏捷性に加え、自然吸気V12ユニットと匠の技でチューンされたエキゾーストシステムが奏でる官能的なサウンドにより、ドライバーを魅了します。

565bhp(573PS)を発揮する最新世代のアストンマーティンAM28 6.0リッターV12エンジンと、最先端のボッシュ・エンジンマネージメントシステムを採用したこのモデルは、0~100km/hをわずか4.1秒で加速し、最高速度は323km/hに達します。

V12エンジンは、最大トルクだけでなく低速域のトルクも非常に豊かです。620Nm/ 5,750rpmの最大トルクは、スポーツカーにとって重要な高回転域で、有り余るほどのパワーを備えていることを物語っています。その一方で、わずか1,000rpmという低回転域でも510Nmという強大なトルクを発生。これは、このエンジンが、非常にフラットかつ太いトルクカーブを描き、どのギアからでも力強い加速が得られる卓越したドライバビリティを実現していることを示しています。

デザイン担当取締役のマレク・ライヒマンは、次のように述べています。「V12 Vantage S Roadsterは、アストンマーティンの卓越した企業精神を、メカニカルな形で具現化したクルマです。」

「美しく、パワフルで、創造的なスピリットに富んだこのクルマは、視覚的にも、またそのサウンドでも人々を魅了することでしょう。この新しいロードスターは、アストンマーティンの現行ラインナップのなかで、もっともダイナミック、エキサイティングで、刺激的なドライビング体験を提供するモデルの一台として、まさに五感を喜ばせるクルマに仕上っています。」

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング