未来の家電を創造するデザインコンペ 「エレクトロラックス Design Lab 2014」

PR TIMES / 2014年7月15日 11時9分

応募700名超からセミファイナリスト35名を発表



北欧スウェーデン発、掃除機販売100年以上の歴史を誇るエレクトロラックスは、この度世界中のデザイナーのクリエイティビティを刺激し、創造性溢れる未来の家電コンセプトを募る「Electrolux Design Lab 2014(エレクトロラックス デザイン・ラボ 2014)」にて、35名のセミファイナリストを発表いたしました。
今年11年目を迎えた本デザインコンペでは、「空気浄化」、「料理の楽しさ」、「ファブリックケア」の3つをテーマに作品を募集したところ、未来のための健康的な家庭環境を、スマートかつクリエィティビティを刺激する形でデザインしているコンセプト案が多く見られました。

エレクトロラックスデザイン統括であり、本大会の陪審員であるラース・エリクソンは次のように述べています。
「Electrolux Design Lab 2014のセミファイナリストは、近い将来に実際の家庭で見ることが出来るかもしれない夢のようなコンセプトを創り上げました。これらのコンセプトは、接続性(つながり)、生体模倣(自然の仕組みを学び、活かそうとする考え方)、ロボット工学、ウェアラブル技術、資源の再生・再利用などに焦点が当てられており、すべてのコンセプトが健康で持続可能なライフスタイルを奨励する内容でした。全体を通して、すべてのコンセプトは、私たちの多忙な毎日をより効率的にし、クリーンな地球を持続させるものです。」

この世界的なデザインコンペティションは、2003年以降毎年開催されており、参加者はそのプロセスを通して創造的で革新的なコンセプトを開発できるよう、各ステージを段階的に実施いたします。今回発表された35名のセミファイナリストは、8月に公開投票が行われます。公開投票で最も多くの票を獲得した参加者にはPeople‘s Choice Award賞と賞金1,000ユーロが授与されます。

そして、10月にはエレクトロラックスの専門家によって6名のファイナリストに絞られ、その6名は11月12日(水)にパリで開催される最優秀者選考式典に招待されます。そのイベントにて、これまでの概念を覆すような未来へのアイデアを想像したデザイナーが最優秀賞に選ばれ、優勝賞金として5,000ユーロが授与されます。さらに副賞として、エレクトロラックス・グローバル・デザイン・センターにて6ヵ月間のインターンシップに参加することができます。準優勝には3,000ユーロ、第3位には2,000ユーロの賞金が用意されています。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング