ハンファQセルズ、太陽光世界最大規模の展示会「Intersolar」に出展

PR TIMES / 2014年6月6日 14時10分

■ 第1四半期での好業績と“Engineered by German~ドイツ発祥の技術力”を背景にブースを展開

 ハンファQセルズ(本社:ドイツ・ビッターフェルド、CEO:キム・チャールズ、以下Qセルズ)は、2014年6月4日(水)から6日(金)の3日間、ドイツのミュンヘンで開催される世界最大の太陽光発電業界イベント「Intersolar」に出展いたしました。Qセルズは、2014年度第1四半期において、欧州の太陽光モジュールメーカーでは最大規模となる出荷量247メガワット、生産量244メガワットを達成しました。今回の出展では、現在の堅調なビジネス成長の基盤ともいえる当社の最先端の革新的な太陽光発電技術とビジネス展開を中心に、Qセルズの実績をご紹介しました。



以下が「Intersolar」での出展内容となります。

■トップセルメーカーが提供するQ.ANTAMセル技術
Qセルズはセル生産メーカーとしてスタートし、常に革新的なセルの開発をおこなってまいりました。フランフォーファー研究所(*)に認証された、多結晶セルにおける世界記録を誇る最大変換効率19.5%の太陽光セルテクノロジー「Q.ANTUM(クアンタム)」のご紹介とともに、その技術を大量生産に応用できた実績を展示。

*フランフォーファー研究所とは フラウンホーファー研究所とはヨーロッパ最大の応用研究機関であり、ドイツ国内にある67の研究所および準研究所では あらゆる科学技術分野において応用研究を行っている。

■現行太陽光モジュールラインナップの信頼性と実力
現行太陽光モジュールラインナップ(Q.PRO-G3、 Q.PEAK-G3、Q.PRO BLK-G3)を展示。これらのパネルは、業界内でも非常に厳しいとされる品質テストを乗り越え、欧州で最も信頼されている電力製品の安全保証「VDE品質認証」を受けております。また、全てのパネルは、お客様が高品質な製品を、安全に長期にご利用できるための、業界内においてQセルズのみがご提供する3つの品質管理工程トリプルプロテクション(*)を経て出荷していることをご紹介。

*トリプルプロテクションとは
耐PIDテクノロジー(APT):不正なリーク電流による出力損失を効果的に防止。
ホットスポットプロテクト(HSP):障害物による主力低下や発火事故を極力排除する仕組み。
トレーサブルクオリティ(TRA.QTM):太陽電池セルに埋め込まれたチップをもとに、太陽光業界では初のトレーサビリティシステムにより不正のない品質管理を実現。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング