メンター・グラフィックスとサイバネットシステム、電子回路基板設計ソリューションの国内代理店契約を締結

PR TIMES / 2014年6月2日 9時58分

世界的なプリント基板(PCB)設計ソリューションのリーダーであるメンター・グラフィックス・コーポレーション(本社: 米国オレゴン州、以下メンター・グラフィックス)は、サイバネットシステム株式会社(本社: 東京都千代田区神田、以下サイバネットシステム)と提携し、メンター・グラフィックスのXpedition(TM)フローを中核とした電子回路基板設計ソリューションを、日本国内で販売、サポートする代理店契約を締結したことを発表しました。



サイバネットシステムは、先端コンピュータ支援テクノロジのリーディングプロバイダであり、日本国内において2,500社を超える企業と取引があります。包括的な電子回路基板設計ソフトウェアソリューションをいかに顧客に提供するかを重視してきたサイバネットシステムは、メンター・グラフィックスが技術力、信頼性、生産性に優れたPCB開発フローを提供してきた実績から、同社をパートナーとして選びました。メンター・グラフィックスのPCB開発フローは、システム定義、回路図設計、レイアウト、チーム設計、解析からPCB実装までを網羅しています。

「メンター・グラフィックスは、PCB設計ソフトウェア業界のマーケットリーダーであり、包括的な電子回路基板設計フローを構成する最新技術の広範な製品ラインを整えています。このことは、サイバネットシステムの顧客の成功にとって非常に重要です。これまで、電子回路基板設計ソリューション市場を慎重に評価し、メンター・グラフィックスの実績も精査してきました。メンター・グラフィックスのビジネス戦略は、顧客に高付加価値、高品質のサービスをもって、満足度の高いソリューションを提供するというサイバネットシステムの企業理念と完全に一致しています。」サイバネットシステム、代表取締役社長、田中 邦明氏は上記のように述べています。

サイバネットシステムは、電気機器、輸送用機器、精密機器、機械、教育/研究機関などの分野のためのソフトウェア、技術サポート、コンサルティングサービスを世界中で手掛けてきました。今後は、メンター・グラフィックスの開発チームとサイバネットシステムの緊密な連携を通じて、PCB設計に携わっている顧客に高付加価値ソリューションを提供していきます。今回の代理店契約締結によりサイバネットシステムは、2014年7月1日から、メンター・グラフィックスの電子回路設計ソリューションの日本国内における販売、サポートを開始します。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング