原宿にオープンした「niko and ... 」の旗艦店「niko and ... TOKYO」で、CDやアナログレコードなどを扱う、ストア内音楽ショップがオープン。

PR TIMES / 2014年11月25日 10時5分

「niko and ... 」のBGMセレクション、CD販売をプロデュースする株式会社インセンスミュージックワークスが、全店で取り扱う各商材コーナーと連動したCDや、リバイバル・ブームの兆しを見せるアナログレコードなど、「niko and ... TOKYO」のミュージック・アイテムをセレクト。
「niko and ... 」公式アプリでCD試聴ができるミュージック・コンテンツの導入という新しい試みも。




株式会社トリニティアーツ(代表取締役社長:木村 治)の「niko and ...(ニコアンド)」のグローバル展開に向けた旗艦店「niko and ... TOKYO」オープン(10/30)に合わせ、「niko and ... 」全店のBGMセレクション、CD販売をプロデュースする株式会社インセンスミュージックワークス(代表取締役社長:崎山 市郎)が手掛ける「niko and ... MUSIC MARKET」がスタートした。

「niko and ... MUSIC MARKET」のコンセプトは、いつもの日常を豊かにしてくれる、ライフスタイルミュージック・セレクション。
アパレル・雑貨・家具などのコーナーと連動した、ジャズ・ボサノヴァ・サーフなど幅広いジャンルで構成されたCDは店頭で試聴することができる他、公式アプリからも試聴ができ、お気に入りの商品が見つかればそのままオンライン・ショップから購入可能となっている。
また、店内でしか聴けないシーズンや1日の時間の流れに合わせたオリジナルBGMで店内を演出し、来店者の耳を楽しませている。

さらに「niko and ... TOKYO」では、インセンスミュージックワークスが運営している、オークションストア「various records」セレクトによる、アナログレコードを展開中。
海外はじめ、ここ日本でも近年リバイバル・ブームの兆しを見せているアナログレコードは、音だけではない、ファッション性・インテリア性の高いアートワークや、まるで書籍を手に取った時のような質感も魅力の一つであり、注目を集めている。
熱狂的なレコードコレクターが集まる老舗ストアならではのレア盤や珍盤、そしてオールジャンル、総ストック数5万枚からなる厳選されたセレクトも見ものだ。

「niko and ... 」ではライフスタイルに欠かせない音楽との取り組みを模索していたが、音楽空間プロデュースを手掛けるインセンスミュージックワークスとのコラボレーションでさらに音楽提案に力を入れていく方向だ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング