子ども見守りサービス「エキッズ」が「第9回キッズデザイン賞 奨励賞 キッズデザイン協議会会長賞」を受賞しました!

PR TIMES / 2015年8月4日 10時5分

東急セキュリティの子ども見守りサービス「エキッズ」が「第9回 キッズデザイン賞 奨励賞 キッズデザイン協議会会長賞」を受賞しました。エキッズは2009年に「第3回キッズデザイン賞 金賞(社会システムデザイン賞)経済産業大臣賞」を受賞しており、6年ぶり2度目の受賞となります。



 東急セキュリティ株式会社(本社:東京都世田谷区、社長:波戸 覺)が子ども見守りサービスとして提供している「エキッズ」が、「第9回 キッズデザイン賞 奨励賞 キッズデザイン協議会会長賞」(主催:キッズデザイン協議会、後援:経済産業省、消費者庁)を受賞しました。
 エキッズは2009年に「第3回キッズデザイン賞 金賞(社会システムデザイン賞)経済産業大臣賞」を受賞しましたが、このたび東急バスへのサービス拡大(後述)に伴い、「キッズデザイン賞 奨励賞 キッズデザイン協議会会長賞」を受賞することができました。
[画像1: http://prtimes.jp/i/12507/6/resize/d12507-6-376704-2.jpg ]



 キッズデザイン賞は「子どもが安全に暮らす」「子どもが感性や創造性豊かに育つ」「子どもを産み育てやすい社会をつくる」ための製品・空間・サービスで優れたものを選び、広く社会へ伝えることを目的としています。子どもが使う製品はもちろん、大人・一般向けに開発されたものでも、子どもや子育てへの配慮があれば応募可能です。日用品から住宅、街づくり、ワークショップ、調査研究まで幅広い分野が対象となっています。受賞作品には「キッズデザインマーク」の使用が認められます。


■背景
 当社では2007年より、子ども見守りサービス「エキッズ」のサービスを提供しています。エキッズは当初、東急線の駅自動改札を通過した際にのみ保護者様の携帯電話等に通過情報がメール配信されるサービスで、東急線沿線にお住まいのお客様や、東急線沿線の学校に通われているお子様を持つ保護者様に多くご利用をいただいておりました。
 サービス開始から数年間が経ち、東急線沿線を中心に利用者数が増加したこと、また大規模な自然災害・異常気象などの発生により、通学・通塾時における保護者様の不安の高まりから、東急線の駅自動改札通過情報配信だけではなくバスの乗車情報配信を望む声を非常に多く受けるようになりました。
 そこで2015年3月、東急バス株式会社(本社:東京都目黒区、取締役社長:山口 哲生)と共同でデータ配信の仕組みを構築し、東急バスでもメール配信サービスの提供を開始しました。
 今後も東急線沿線はもちろん、沿線外においても「キッズプラス端末※1」などを活用し、ご利用者様のご要望の高い場所へ子ども見守りサービスのネットワークを拡大していきます。

※1 横浜高速鉄道みなとみらい線と横浜市営地下鉄の一部駅構内や、東急グループ施設内に設置している子ども見守り端末で、端末にPASMOをタッチすると保護者様の携帯電話等にメールで配信されます。エキッズご利用者様は無料でお使いいただけます。

■「エキッズ」サービス概要

1.サービス内容
 お子様が東急線駅自動改札もしくは東急バス運賃機にPASMOをタッチすると、お子様の通過もしくは乗車情報(駅通過時:通過日時、お子様のお名前、駅名/バス乗車時:乗車日時、お子様のお名前、路線名、行先、乗車停留所名)が保護者様の携帯電話等にメールで配信されます。

2.対象エリア
 東急線全線及び東急バスの路線バス全線
 ※空港連絡バス等、一部路線を除きます。

3.対象者
 小学生~20歳で記名PASMOをお持ちの方
 ※無記名PASMOは対象外

4.サービス料金
 月額500円(税抜)
 ※上記月額料金に駅自動改札とバス運賃機の両方のメール配信が含まれます。

※ 株式会社パスモ商標利用許諾済 第6号
※ PASMOは株式会社パスモの登録商標です。
※ PASMOマーク
[画像2: http://prtimes.jp/i/12507/6/resize/d12507-6-439248-0.jpg ]

及び
[画像3: http://prtimes.jp/i/12507/6/resize/d12507-6-963363-1.jpg ]

は株式会社パスモが本商品・サービスの内容・品質を保証するものではありません。
※ 株式会社パスモの都合により予告なくPASMOカードが交換されることがあります。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング