白衣メーカのクラシコ、機能性とデザイン性が共存する新しい聴診器「U scope」を開発。7月14日(木)より一般販売開始、初回販売は300本限定

PR TIMES / 2016年7月14日 12時18分

米国クラウドファンディング「INDIEGOGO」では、 目標比300%以上の資金調達に成功

白衣の企画・製造・販売を行うクラシコ株式会社(所在地:東京都渋谷区、代表取締役社長:大和新、以下:当社)は、2016年2月に実施したクラウドファンディングでの資金調達に成功した新開発の聴診器「U scope」※の一般販売を、2016年7月14日(木)より開始します。※「U scope」は、米国FDA登録を行っております。



[画像1: http://prtimes.jp/i/18274/6/resize/d18274-6-631423-9.jpg ]



■注目ポイント
1.医療機器とは思えない“スマートさ”デザイン性と機能性が共存した「聴診器」
2.クラウドファンディングでは目標額の317%の資金調達に成功

<製品に関する参照サイト>
製品紹介ページ :
当社サイト http://uscope-classico.com/
YouTube https://www.youtube.com/watch?v=elEua5aJS78
資金支援募集ページ(米国クラウドファンディング「INDIEGOGO」) https://www.indiegogo.com/projects/u-scope-stethoscope-redesigned-from-0--3#/

■1.医療機器とは思えない“スマートさ”デザイン性と機能性が共存した「聴診器」
聴診器は1816年にフランスの医師ルネ・ラエンネックによって発明されて以来、素材などは改良されながらも、今日までほとんど形を変えてきませんでした。白衣メーカーとして医師の悩みを知り尽くしている当社は、聴診器に対して医師が抱えている様々な悩みを解決するため、聴診器の本質的な意義を追求し、聴診器をゼロから再構築しました。そして開発されたのが、医療機器とは思えないスマートさを持つ聴診器「U scope」です。

「U scope」の開発は、第一線で活躍するプロダクトデザイナーである吉冨寛基(よしとみひろき)氏と、日本トップクラスの聴診器メーカー「ケンツメディコ社」と共同で、3年以上の期間を費やして行われました。吉冨氏によるデザイン性の追求により、その美しさは“ジャパンデザイン”という付加価値を生み出しました。しかしながら、「U scope」は、ただ美しいだけでなく、形状や素材、そのすべてに理由があります。

<「U scope」5つの機能特長>
1.音響特性に優れ、高感度に音を拾うことが可能に。
ダイヤフラムからイヤーピースまで空気を逃さない設計を行い、音の減衰を最小限におさえることに成功しました。
[画像2: http://prtimes.jp/i/18274/6/resize/d18274-6-736560-6.jpg ]



2.耳への圧力を30%軽減。心地よいフィット感を実現。
独自開発した流線型形状と付け根のT字構造により、一般的な聴診器よりも耳への圧力を30%軽減することに成功しました。
[画像3: http://prtimes.jp/i/18274/6/resize/d18274-6-330740-2.jpg ]



3.独特の流線型形状により、首への圧迫感を軽減。
耳管の独特の3次曲線によって首への圧迫感を軽減します。デコルテラインに沿ったラウンド形状は、首からかけた際に美しいラインを演出します。
[画像4: http://prtimes.jp/i/18274/6/resize/d18274-6-689433-5.jpg ]



4.人間工学に基づいた、指にフィットするチェストピースを実現。
チェストピースは人間工学に基づいて設計されています。指に自然とフィットするだけでなく、手首の可動域も確保され患者の体のラインにあわせた自由な聴診が可能となります。
[画像5: http://prtimes.jp/i/18274/6/resize/d18274-6-967061-4.jpg ]



5.コンパクト性を追求し、今までにない携帯性を実現。
医療従事者にとって聴診器は、いつも持ち歩くものなので、診察以外のときも、スマートに。使わないときは小さく折りたたみ、白衣のポケットへ収納することができます。携帯性が高まることで、持ち運びもよりスマートになります。
[画像6: http://prtimes.jp/i/18274/6/resize/d18274-6-318151-3.jpg ]



■2.クラウドファンディングでは目標額の317%の資金調達に成功
2016年2月9日(火)より、初回生産分における資金支援を、米国のクラウドファンディングサイト「INDIEGOGO」で募集。クラウンドファンディング開始4日間で目標金額の15,000USドルを達成しました。また、支援者を国別で分けると、US36.5%、ヨーロッパ15.7%、日本を除くアジア・オセアニア11.8%と、国外からの支援が多く集まりました。

◆資金支援募集期間:2016年2月9日(火)~2016年3月25日(金)
◆資金支援募集ページ(米国クラウドファンディング「INDIEGOGO」) :
https://www.indiegogo.com/projects/u-scope-stethoscope-redesigned-from-0--3#/
◆目標金額:15,000USドル
◆達成金額:47,576USドル(達成率317%)

■「U scope」製品情報

[画像7: http://prtimes.jp/i/18274/6/resize/d18274-6-175802-8.jpg ]

◆価格(税抜):34,000円~48,000円
◆タイプ:シングルベルタイプ、ダブルベルタイプ
◆カラー:シルバー・ブラック・シャンパンゴールド※
◆販売開始日:2016年7月14日(木)*
◆商品ページURL: http://uscope-classico.com/
◆認可:「U scope」は、米国FDA登録を行っております。
*シャンパンゴールドの発売は2016年8月頃を予定

■開発者情報

[画像8: http://prtimes.jp/i/18274/6/resize/d18274-6-182861-1.jpg ]

クラシコ株式会社代表取締役社長大和新(おおわあらた)
1980年11月28日生まれ。栃木県出身。2003年3月、立命館大学経営学部卒。インターネット関連企業の営業や新規事業開発を経て、2008年3月に個人事業としてクラシコを創業。同年12月に法人化し、代表取締役に就任。創業当初、月間生産30着だった白衣が、創業6年目には月間4,000着を売り上げるまでに成長。現在、白衣にとどまらず、メディカル関連の新商品開発に取り組む。

[画像9: http://prtimes.jp/i/18274/6/resize/d18274-6-493844-7.jpg ]

プロダクトデザイナー吉冨寛基(よしとみひろき)
1980年福岡県糸島市の生まれ。多摩美術大学環境デザイン学科を卒業後まもなく、フリーランスでデザイン活動を開始。2009年に自身のデザインスタジオであるYOSHIO GOODRICH DESIGNを設立。時代の流れの中でヒトとモノとの関係性を紐解き、日々のライフスタイルに新たなワンシーンを生み出すプロダクトを多岐にわたり手掛けている。代表作には模様を纏ったカトラリーシリーズ「DRESS」などがある。

■クラシコ株式会社について
【クラシコの白衣とは?】当社の白衣は、「なぜかっこいい白衣がないのか?」という疑問から生まれたスタイリッシュなこだわり白衣です。テーラードの技術をベースに作られた細身で立体的なシルエットを持ち、従来の使い捨ての作業着としての白衣とは異なり、着るだけでモチベーションを上げる仕事着として設計、製造をしています。デザイン面で優れた商品が対象になる米国の「インターナショナルデザインアワーズ(IDA)」の医療分野で最優秀賞を受賞し、国際的にも高い評価を獲得しています。

■会社概要
会社名:クラシコ株式会社
所在地:〒150-0001 東京都渋谷区神宮前 5-42-13 TAKIビル表参道 (本社)
設立:2008年12月24日
代表者:代表取締役社長 大和 新(おおわ あらた)
事業内容:白衣の企画・製造・販売
企業HP: http://classico.co.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング