「ホームガーテ゛ン&エクステリア」第3号 2016年7月29日(木)に発刊

PR TIMES / 2016年7月27日 11時12分

ガーデンエクステリアの最新トレンドをまとめた“庭づくり応援”雑誌
『ホームガーデン&エクステリア』第3号が発売されます。



株式会社タカショー(以下、タカショー)は、『ホームガーデン&エクステリア』第3号 (雑誌『庭』臨時増刊号)を2016年7月29日(木)に発刊いたします。好評だった創刊号、第2号に引き続き、第3号目の今号は、さらに内容を充実させての発行です。庭づくりを検討しているエンドユーザーの皆様、工事・プランニングを行うプロの皆様ともに、参考にしていただける內容です。ぜひ、ご覧ください。

「ホームガーデン&エクステリア」専用ヘ゜ーシ゛ http://hg-ex.jp
[画像1: http://prtimes.jp/i/18286/6/resize/d18286-6-940834-0.jpg ]

尚、発売に先行し、業者様を対象に7月28日より開催の『第13回タカショーガーデン&エクステリアフェア2016』にて、先行販売を行います。『第13回タカショーガーデン&エクステリアフェア2016』については、以下特設ページよりご確認ください。

イベント特設ページ: http://takasho.co.jp/tgef2016

■『ホームガーデン&エクステリア』について
ガーデン&エクステリアを検討する際の最新アイデアや、ハウスメーカー各社による家と庭の提案、エクステリアメーカー新商品ご紹介など、すぐに使え、きっと役立つ1冊です。

<『ホームガーデン&エクステリアフェア』第3号のみどころ・ポイント>
(1) ガーデンリノベーション
(2) 海外作品紹介・オーストラリアのガーデンデザイン
(3) ハウスメーカー9社が提案・これからの住まいや街と緑・庭・環境
(4) 暮らしを緑で彩る建築家のアイデア
(5) エクステリアはシンプルライティングへ
(6) 設計者・デザイナーが実例紹介
(7) 別冊付録・「庭づくり応援ノート」vol.3
[画像2: http://prtimes.jp/i/18286/6/resize/d18286-6-694061-1.jpg ]

[画像3: http://prtimes.jp/i/18286/6/resize/d18286-6-179293-2.jpg ]



<媒体概要>
・媒体名称 /「ホームガーデン&エクステリア」第3号(雑誌「庭」臨時増刊号)
・発刊サイクル /年間1回
・価 格/ 1,500 円(税込)
・サ イ ズ /A4 ワイド判・166ページ
・発 行 元 /株式会社タカショー 日本インテグレート事業部
・編集・発売元/ 株式会社建築資料研究社
・発 行 部 数/ 5 万部
・ターゲット/
  一般:これから住宅を建てようとする方、庭のリフォームを考えている方
  プロ:ガーデン・エクステリア、造園、住宅、建築、設計関係者の方

●当社が目指す姿
ガーデニング・エクステリア用品に特化した当社が実現したいのは「ガーデンセラピー」による社会貢献です。園芸療法は認知症の予防などにも効果があると言われ、健康に良い影響をもたらすことは医学的に証明されています。ヨーロッパでは国が推奨する取り組みにもなっています。人間が本能的に持つ「癒されたい」「リラックスしたい」という気持ちにお応えする商品を提供することで、人々の暮らしをより良いものにしていきたいと考えています。「自然をたのしむ」「心をおだやかにしたい」といった人間が遺伝子的に持っている部分にもアプローチできるような、ラインナップと対応力を強みに、様々なお客様の「ガーデンライフ」の充実に貢献します。

<<株式会社タカショー 会社概要>>
◆営業本部所在地:
〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2-9 KDX御茶ノ水ビル2F
◆本社所在地:
〒642-0017 和歌山県海南市南赤坂20−1
◆事業内容:
・環境エクステリア(インドア及びアウトドア庭園、緑化)に関する製品の企画開発
・ガーデン用品の輸出入販売
・エクステリア商品のソフトウェア開発販売
・CAD,C.G.ソフトウェアの提供及び処理業務◆ホームページ: http://takasho.co.jp

【「ホームガーデン&エクステリア」に関するお問い合わせ先】
株式会社タカショー
日本インテグレート事業部 島本
電話:073-482-4128
FAX:073-486-5652
メールアドレス:takasho@takasho.co.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング