AI商標登録サービス「Cotobox」が、AI特許審査シミュレーションシステム「AI Samurai」と、知財契約書テンプレートのメリットパートナーズ法律事務所と連携

PR TIMES / 2020年3月4日 13時15分

~連携による多様な知財情報提供の強化で、知財をもっと身近に~

AI商標登録サービス「Cotobox(コトボックス)」を運営するcotobox株式会社(東京都港区三田、代表取締役:五味和泰)は、AI特許審査シミュレーションシステム「AI Samurai」を開発・販売する株式会社AI Samurai(東京都千代田区、代表取締役:白坂一)と、知的財産専門契約書テンプレートを提供するメリットパートナーズ法律事務所(東京都千代田区、代表弁護士/弁理士:知念芳文)と連携し、商標とともに特許及び知財契約の情報を提供可能になることをお知らせいたします。
URL: https://cotobox.com/



[画像1: https://prtimes.jp/i/29675/6/resize/d29675-6-306692-1.png ]


■ 連携の背景
近年、スタートアップや中小企業でも、知的財産を適切に保護しようという機運が高まっているものの、商標出願した中小企業はわずか3万社※であり、中小企業全体の0.8%※に過ぎません。
 ※2020年1月21日 経済産業省「商標拳~ビジネスを守る奥義~」プレスリリースより

Cotoboxは、AI商標登録サービスを通じ、商標出願経験が浅い企業と弁理士を橋渡しし、商標登録までの一連の流れをリーズナブルかつ手軽に体験してもらい、企業様に役立つ商標情報を提供してきました。
AI Samuraiは、出願前に特許の登録が成立する可能性をランク別に評価する機能を有し、専門家しかできない特許調査をわずか数分で完了させ、さらには知財戦略マップにより視認性を高めた情報提供を実現しています。
知財契約書テンプレートは、企業担当者自らが契約する際に役立つ知財契約に関する書式を105種以上も無償で提供しています。

今回の提携により、CotoboxサイトからAI Samurai及び知財契約書テンプレートにシームレスに接続され、Cotoboxのお客様がAI SamuraiのAI特許審査シミュレーションシステムと知財契約書テンプレートをお使いいただけるようになります。

スタートアップや中小企業等にまで知財サービスを普及させたいという各社の想いが合致し、即座にCotobox(商標)とAI Samurai(特許)と知財契約書テンプレート(知財契約)とを結ぶことになりました。この連携をさらに発展させ、企業様のスピード経営や知財業務の生産性向上を図るデジタルトランスフォーメーションに資する連携ソリューションを提供して参ります。

この取り組みを通じて、弊社は、商標だけではなく、多様な知財領域の情報へのアクセス容易性を実現し、知財に対する心理的なハードルを取り払うことでテクノロジーを利用した知財経営を普及させ、企業の無形資産拡大の支援を更に推進していきます。

[画像2: https://prtimes.jp/i/29675/6/resize/d29675-6-882714-2.jpg ]

左から 株式会社AI Samurai 白坂氏、cotobox株式会社 五味、メリットパートナーズ法律事務所 知念氏


白坂 一:株式会社AI Samurai 代表取締役社長/弁理士
「AI Samurai では、AIと人間との共創世界を理念として、まずは大企業向けAIによる特許評価システムを構築してきました。一方で、日本全体の知的財産力の向上を目指し、先週より、スタートアップ企業や中小企業にも貢献できるように「AI Samurai Slash」という13900円で利用できる特許調査サービスを提供いたしました。スタートアップや中小企業においては、特許だけではなく、契約や商標など包括的なサポートが必要不可欠と考えいることから、今回の事業連携を推進させていただくことといたしました。」

知念 芳文:メリットパートナーズ法律事務所 代表弁護士/弁理士
「メリットパートナーズは、日本発イノベーションの実現には、スタートアップ、ベンチャー企業、中小企業等と、大企業との対等な連携が必要不可欠と考えます。そして、そのためにはリーズナブルな価格で提供を受けられる知財専門サービスが必要です。今回の提携によりスタートアップ等であっても各社のウェブページにアクセスしていただければ、特許調査サービスはもちろん、商標調査・出願サービス、知財契約書テンプレートの情報を簡単に入手することができます。今回の事業連携をきっかけに、"知財"サービスがスタートアップ等にとってより身近で使いやすいものになるきっかけになれば幸いです。」

五味 和泰:cotobox株式会社 代表取締役社長/弁理士
「Cotoboxは、あらゆるビジネスシーンに対し知財のさらなる利用を実現すべく、“人と知財を結ぶ” をミッションに、多くの知財関係者とともに企業様の勇敢なチャレンジを知財の側面からサポートしています。株式会社AI Samurai様とメリットパートナーズ法律事務所様との連携で、それぞれの知財分野に特化したサービスがシームレスになるため、シナジー効果が大きく期待されます。この連携により、企業様と各種の知財サービスを結ぶ機会を大幅に増加させ、企業競争力の源泉となる知財活用を厚く支援して参ります。また、CotoboxでのAI活用の商標調査の精度向上も連携企業様と共に図って参ります。」

■ AI Samuraiについて
特許庁が公開する特許公開公報と特許公報をデータベース化し、類似する先行技術の事例から出願予定の特許の登録が成立する可能性をランク別に評価する特許審査シミュレーションシステム。従来、数週間を要していた先行技術調査が数分で完了するだけでなく、調査結果を元にグラフで表示されていた知財戦略マップをアップデートし、ゲーム感覚で直感的に伝達可能なビジュアルとして表示するなど、特許調査や知財業務にかかる人的・時間的コストを大幅に削減するWebシステムとして、2019年8月より正規版の販売を開始しました。

【株式会社AI Samuraiの概要】
会社名 :株式会社AI Samurai
所在地 :東京都千代田区大手町1丁目6番1号大手町ビル4階
設 立 :2015年9月
代表取締役社長/弁理士:白坂 一
事業内容:知的財産関連IT・分析サービスの提供
URL: https://www.iplabstartups.com/

■ 知的財産契約書テンプレートについて
知的財産専門の契約書テンプレート集(105種類以上、日英対応版、本年4月施行予定の改正民法
対応バージョンは、同月以降リリース予定 URL : http://www.meritopartners.jp/document/)を日本で初めて無料で公開。初心者でも手軽に実用的な知的財産契約書を作成できるサービスです。

【メリットパートナーズ法律事務所の概要】
会社名 :メリットパートナーズ法律事務所
所在地 :東京都千代田区内神田1-2-6 産広美工ビル7階
設 立 :2011年4月
代表弁護士/弁理士:知念 芳文
事業内容:国際性の高い知的財産法務のプロフェッショナルである弁理士と弁護士が在籍し、最高峰のリーガルサービスをもっと身近により多くの人に提供することを目指し、リーガル・サービスを提供しております。知的財産分野における訴訟や契約書作成、予防法務で多くの国内外企業様から高い評価を得ています。また、近年は法律をより身近なものにしてもらいたく、他の法律事務所に先駆け知財契約書作成ツールを無料でリリース。このツールは、英語対応、雛型105種類以上を有し、多くの方にご好評をいただいております。
URL: http://www.meritopartners.jp/

■ Cotoboxについて
Cotoboxは、最新AIを用い、PCのブラウザ上で誰でも簡単に商標調査・出願依頼・管理することができるクラウドサービス※です。難しい知識は不要で、自社の商標や業種の検索や、競合会社の商標登録の有無が何回でも無料でチェックできます。商標登録を希望する場合、Cotobox上で、提携先の弁理士に出願依頼及びコミュニケーションが簡単にできます。
これまでに6,000以上のお客様がCotoboxを利用し、商標調査、出願、商標権侵害の発見などを実現しています。また、グローバル展開を目指す国内外の企業に対し、20の国・地域間での商標の取扱実績があります。
 ※2018年 経済産業省グレーゾーン解消制度活用のAI商標情報提供サービス

【cotobox株式会社の概要】
会社名 :cotobox株式会社
所在地 :東京都港区三田3-1-23
設 立 :2016年2月
代表取締役:五味 和泰
事業内容:AI商標登録サービス「Cotobox」、商標業務DX導入支援、知財情報提供及びコンサルティング、それらに付帯する事業の企画・開発・運営。
URL: https://cotobox.com/

■提携パートナーに興味がある知財関係者様AIを活用した知財業務プロセスの効率化とビッグデータに基づく新たな価値提案ができるサービス開発を進めています。知財をご担当の皆様で、本プロジェクトにご興味のある方がいましたら、cotobox株式会社 アライアンス担当宛にご連絡下さい。
https://cotobox.com/app/contact

*「AI Samurai」は株式会社AI Samuraiの登録商標です。
*「cotobox」はcotobox株式会社の登録商標です。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング