“古代品種のブドウ”を使った希少なワインがお目見え!ALOIS(アロイス)ワインフェア開催

PR TIMES / 2018年6月18日 16時1分

A16(エーシックスティーン)2店舗で今夏開催

ジローレストランシステム株式会社(渋谷区 代表取締役社長 佐藤治彦)は、カリフォルニア発イタリアンレストラン「A16(エーシックスティーン)」を東京・丸の内と横浜・みなとみらいに2店舗運営しています。6月18日(月)~6月24日(日)の1週間、A16にてALOIS(アロイス)ワインフェアを開催いたします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/34783/6/resize/d34783-6-680995-0.jpg ]


ALOISとは、1885年に創業したイタリア・カンパニア州のワイナリーです。
アメリカ・サンフランシスコのA16本店で、オープン当初よりラインナップされるALOISのワインは、イタリアで最も影響力のあるワイン格付け本「ガンベロロッソ ヴィーニ・ディ・イタリア」にて最も評価の高い「トレ・ビッキエーリ」に2017年、2018年と2年連続で選出された“カイアティ”を始め、すべてのワインが高いクオリティを誇ります。加えて、希少品種である“古代品種のブドウ”を現代に復刻させ、単一で高品質なワインを生産することに成功したパイオニアでもあります。
この度、ALOISワインの販売開始に伴い、この希少なワインを最大限にお楽しみいただけるよう、ALOISの豊かなワイン畑を育むカンパニア地方のお料理を期間限定にてラインナップいたします。

開催概要
■期間:6月18日(月)~6月24日(日)各日17:30から
■場所:A16 TOKYO、A16 YOKOHAMA
■特別メニュー:通常のグラスワインに加え、より多くの種類をお楽しみいただけるよう半量・半値の「テスト」グラスをご用意。加えて、ワインに合うカンパニア料理をご提供いたします。

[画像2: https://prtimes.jp/i/34783/6/resize/d34783-6-257642-1.jpg ]
A16とは
2004年にサンフランシスコにオープン。南イタリアをベースとする地元の新鮮な食材を使ったシンプルかつダイナミックな調理法で一躍人気となり、サンフランシスコのトップレストラン100にも選定されました。アメリカではサンフランシスコの他に、オークランドに1店舗を展開。オーナーはソムリエでもあるシェリー・リングレン氏が務めています。

シェリー・リングレン氏について
シェリー氏は、アメリカのブルームバーグマーケッツ誌により、全米トップ10のソムリエとして評価され、その他メディアでもベストワインディレクター、サンフランシスコのニューテイストメーカーとして賞賛される名ソムリエです。アメリカの有名ワイン雑誌「WINE&SPIRITS」では、ベストニューソムリエとして表紙を飾るなど、全米では最高のソムリエのひとりとして広く知られています。

ALOISのワインを一部ご紹介

[画像3: https://prtimes.jp/i/34783/6/resize/d34783-6-789334-4.jpg ]



“カイアティ” パラグレッロ ビアンコ テッレ デル ヴォルトゥルノ IGT
ブドウ品種:パレグレッロ ビアンコ100%
タイプ:辛口
味わい:まろやかな酸味と長く続く余韻が特徴です

パラグレッロ ビアンコが使われていたのは、17世紀の中期頃と言われています。1863年にフィロキセラ(油虫)による大規模な災害が起こり、ほとんどの木が枯れたことで絶滅した品種とされました。1990年代に入り、放棄されたブドウ園で自生している木が発見されました。絶滅寸前の古代品種を復刻すべく、ALOISは自社のブドウ園で栽培から醸造までを行っています。

[画像4: https://prtimes.jp/i/34783/6/resize/d34783-6-295702-6.jpg ]



“トレブラヌム” カーサヴェッキア テッレ デル ヴォルトゥルノ IGT
ブドウ品種:カーサヴェッキア100%
タイプ:辛口・フルボディ
味わい:強いアタックとしなやかで強いタンニンが特徴です

カーサヴェッキアは、カンパニア州ポンテラトーネにある遺跡の中から発見された「忘れられたブドウ」です。現在でも、カンパニア州の一部地域でしか栽培されていないためとても希少な品種と言えます。元々は、ブレンド用としてのみ使用されていましたが、ALOISを始めとする農家の熱意が実り、単一でも高品質なワインが作られるようになりました。

店舗情報

[画像5: https://prtimes.jp/i/34783/6/resize/d34783-6-893658-2.jpg ]

■A16 TOKYO
東京都千代田区丸の内2-6-1 丸の内ブリックスクエア1F
03-3212-5215
11:00~23:00(日祝11:00~22:00)
A16 TOKYO72+テラス席30

[画像6: https://prtimes.jp/i/34783/6/resize/d34783-6-449394-3.jpg ]

■A16 YOKOHAMA
神奈川県横浜市中区新港1-3-1 MARINE&WALK YOKOHAMA 2F
045-323-9610
11:00~23:00(L.O.22:00)136席(うちテラス28席) 個室1室あり

ジローレストランシステム株式会社について
ジローレストランシステム株式会社は、1955年神田神保町でシャンソン喫茶ジローを開業し、今年で創業63周年を迎えます。店舗数はジローグループ全体で直営店109店舗、FC15店舗(2018年2月末日)、「A16」をはじめ海外のレストランと業務提携するなど、新しい食文化やブランドを紹介しています。2014年には、カンボジアに海外1号店となるカフェ業態、2016年にはイタリアンを出店しアジアを中心に海外への店舗展開も行っています。

■会社概要
会社名:ジローレストランシステム株式会社
所 在 地:東京都渋谷区渋谷2-12-24 東建長井ビル
電話番号:(代)03-6418-5200
URL: https://www.giraud.co.jp
代表者:代表取締役社長 佐藤 治彦
創業:1955年10月 有限会社ジロー
設立:1973年8月11日 ジローレストランシステム株式会社
資本金:1億円
事業内容:レストラン経営による飲食事業、洋菓子・パンの製造販売事業

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング