VFRとACSLが長野県豪雨の被害状況調査にドローンを活用

PR TIMES / 2020年8月21日 16時15分

-VFR初のエンドユーザー向けドローンソリューション提供-

VFR株式会社(本社:東京都品川区 代表取締役社長:留目 真伸 以下VFR)と株式会社自律制御システム研究所(本社:東京都江戸川区 代表取締役社長兼最高執行責任者(COO):鷲谷 聡之 以下ACSL)は、長野県企業局からの依頼により、2020年7月の豪雨で土砂崩れのあった長野県企業局大鹿発電所付近において、2020年8月13日(木)~14日(金)、ドローン空撮による状況調査を実施しました。尚、この取り組みはVFRが提供する初めてのエンドユーザー向けソリューションとなります。
VFRとACSLは、今後も長野県の災害支援に協力していくと共に、新たな社会インフラとしてのドローンの普及に向け、両社での連携をより強化し、共同での機体開発に加え、高度な産業用ソリューションについても調査・検討を進めてまいります。



[画像1: https://prtimes.jp/i/42802/6/resize/d42802-6-873327-5.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/42802/6/resize/d42802-6-693864-6.jpg ]


写真)調査実施中のドローンの様子

<調査概要> 
・場所:長野県企業局大鹿発電所(長野県下伊那郡大鹿村大字大河原)付近*
    *小渋川取水口から小渋川沿い約3km/御所平取水口から小河内沢川沿い約500m
・日時:2020年8月13日(木)~14日(金)
・目的:長野県における「令和2年7月豪雨」により土砂崩れで人が立ち入れないエリアの
被害状況調査
・内容:ドローンによる調査エリアの空撮(補助者なし目視外飛行)
・各社の役割
 1.VFR:ソリューション提供(長野県・ACSLとの調整、航行管理、調査管理 等)
 2.ACSL:調査用機体(ACSL-PF2)提供、航行プログラム策定、飛行操作
・長野県庁所属課室:長野県庁 企業局 電気事業課

<調査実施の経緯> 

VFRは2020年3月の設立以前より、長野県の課題をドローンで解決するソリューションの提供についてディスカッションを重ねてきました。2020年7月の長野県豪雨を受けて、改めて長野県に対して災害支援へのドローン活用をVFRが提案したところ、この依頼を受け、協業先であるACSLと共同で状況調査を実施することとなりました。ACSLは災害調査や物資救援等でのドローン活用の経験を有しており、2017年7月九州北部豪雨で、内閣府の要請により航空法の特例措置を受けての目視外飛行の実施や、2019年10月に、台風19号の被害に伴う東京都からの要請を受けての奥多摩町へのドローンによる緊急物資輸送を実施しています。

<長野県庁 企業局 電気事業課 コメント> 

当局でも積極的なドローンの活用を行っていますが、当該地点のような遠方の山岳地帯での飛行には経験・技術面で困難な部分があります。今回、高機能なドローンを活用できたことで、効率的に調査を進めることができ、被害が想定された取水口付近の状況がより正確に把握できたため、非常に有意義な結果を得ることができました。

<調査実施の様子> 

[画像3: https://prtimes.jp/i/42802/6/resize/d42802-6-728889-7.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/42802/6/resize/d42802-6-914594-8.jpg ]

[画像5: https://prtimes.jp/i/42802/6/resize/d42802-6-495953-9.jpg ]


<ACSL-PF2からの空撮写真一例> 

[画像6: https://prtimes.jp/i/42802/6/resize/d42802-6-698896-10.jpg ]

[画像7: https://prtimes.jp/i/42802/6/resize/d42802-6-688033-11.jpg ]

[画像8: https://prtimes.jp/i/42802/6/resize/d42802-6-330503-12.jpg ]


写真上)調査メンバーが集合する調査開始地点。
写真中)小渋川取水口に向かう途中で確認された土砂崩れの様子。
写真下)御所平取水口。異常のないことを確認。

※調査の様子をまとめた動画を下記URLよりご覧いただけます。 
[動画: https://www.youtube.com/watch?v=GpjmuezRlEs ]



<VFRとACSLの協業内容について> 

・VFRのコンピューティング技術・ロボティクス技術とACSLの機体開発技術・自律制御技術等を活用し、ACSLの既存機体(ACSL-PF2、Mini等)のアップデート並びに用途別に最適化した新機体の共同開発を行い、2021年以降の順次導入を目指しています。
・高度な産業用ソリューションを開発していくことも視野に入れ、共同での調査・検討を進めています。

<ACSLについて>

ACSL は、産業分野における既存業務の省人化・無人化を実現すべく、国産の産業用ドローンの開発を行っており、特に、画像処理・AI のエッジコンピューティング技術を搭載した最先端の自律制御技術と、同技術が搭載された産業用ドローンを提供しています。既にインフラ点検や郵便・物流、防災などの様々な分野で採用されています。

社名:株式会社自律制御システム研究所
所在地:東京都江戸川区臨海町3-6-4 ヒューリック葛西臨海ビル2階
代表者:代表取締役最高経営責任者(CEO) 太田 裕朗
代表取締役社長兼最高執行責任者(COO) 鷲谷 聡之
設立年月日:2013年11月1日
URL: https://www.acsl.co.jp/
事業内容:商業用ドローンの製造販売及び自律制御技術を用いた無人化・IoT化に係るソリューションサービスの提供

<VFRについて>

VFRは「技術と情熱で、人と社会の可能性を切り拓く」をビジョンに掲げ、VAIO株式会社の子会社として設立。ドローン事業者、サービサー、エンドユーザー向けにソリューション提供を行っています。またドローン産業に関わる全ての関係者の方とオープンでフラットに対話を行うことで、ドローン産業の発展のためのエコシステム構築に貢献していくことを目指しています。

社名:VFR株式会社(ブイエフアール/VFR Inc.)
所在地:東京都品川区東品川4-12-6日立ソリューションズタワーB 14階
代表者:代表取締役社長 留目 真伸(とどめ まさのぶ)
設立年月日:2020年3月12日
URL: https://vfr.co.jp/
事業内容:小型無人航空機(ドローン等)および付随するソフトウェアの企画、設計、製造、販売、修理、保守、点検、輸出入、並びに設計、製造、修理の請負。これらに付帯する、技術支援、設計支援及び、生産・販売のオペレーション支援や計画立案等の支援、等。

※記載されている会社名、製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング