エンターティナーのマッチングサービス”pato(パト)”がリリース2年で流通総額30億円突破に際しアワードを開催!会場では田村淳さんもpato(パト)を実際に体験し「芸能界でもpatoを」と応援!

PR TIMES / 2019年10月24日 12時15分

田村淳さんが「patoなら闇営業にならないね!笑」とエンターティナー個人の働き方革命を支援するpato(パト)の画期的な仕組みに驚き。

株式会社キネカは2019年9月28日、エンターティナーの個人間マッチングサービス「pato(パト)」に登録しているエンターティナー「patoキャスト」の表彰式「第2回patoアワード」を開催しました。2017年6月のリリースから流通総額30億円を突破し、個人の才能を活かして時間や場所などにとらわれず新しい働き方を実現している4500人以上の「patoキャスト」(マジシャンや占い師、お笑い芸人など)の内、トップキャスト60人が表彰されました。




[画像1: https://prtimes.jp/i/42848/6/resize/d42848-6-398678-0.png ]

~受賞キャストの”みるく”さん~


特別patoプレゼンターとして、お笑い芸人や経営者等マルチに活躍されているエンターティナーのロンドンブーツ1号2号の田村淳さんがお祝いに駆けつけ、受賞者にお祝いの言葉やエンターテイメントに対する想いを伝えられました。
[画像2: https://prtimes.jp/i/42848/6/resize/d42848-6-342400-1.png ]

「お笑い芸人やマジシャン、歌手とかいろいろエンターテイメントの幅がもっとひろがっていきそうですよね!このpatoっていう新しいエンターテイメントの礎を築いたのがこちらのキャストの方々ということですよね、素晴らしいです。おめでとうございます。今後ますます頑張ってください!」


会場では田村淳さんがpato(パト)を実際に体験!
[画像3: https://prtimes.jp/i/42848/6/resize/d42848-6-501094-2.png ]

~マジシャンでpatoキャストの秋谷慧(あきやけい)さん~

手頃な金額感とエンターティナーが手軽に呼べることに対し、

「マジシャン1人1時間4000pだったら、俺いっきに10人呼ぶわ!」
「俺もpatoに登録したら時給もらえるってことだよね!patoなら闇営業にならないもんね!笑」

と利用者、エンターティナーの立場からコメントし、会場の笑いを誘いつつ新しいエンターテイメントを楽しまれました。
[画像4: https://prtimes.jp/i/42848/6/resize/d42848-6-698826-3.png ]

「僕はテレビの仕事していますけど、テレビの仕事をしながらでもpatoができる時代だと思うので芸能界でもpatoを使って活躍できる人がたくさんでてきたらいいなって思いました!なにかpatoと一緒に楽しいことができたらいいですね!」

と新しいエンターテイメントサービスpato(パト)へのコメントを締めくくられました。



[画像5: https://prtimes.jp/i/42848/6/resize/d42848-6-649390-4.png ]


pato(パト)は
エンターティナーがスマートフォンを利用して、個人間で契約できるエンターティナーの個人間マッチングサービスです。時間や場所、事務所にとらわれることなく誕生日会やイベントでスキルを披露して働くことができる、新しい働き方が口コミで広がり定着し始めています。
[画像6: https://prtimes.jp/i/42848/6/resize/d42848-6-382875-5.png ]

リリース後から流通は伸び続け流通総額30億円をリリース2年で突破しました。

今後も日本No.1のエンターテイメントマッチングサービスとしてスキルや才能を持ったエンターティナーの新しい才能、働き方を支援していきます。
そのために、トップキャストによるブランド展開サポートや起業支援、アミューズメント施設と提携などを展開していく予定です。



「patoアワード」詳細について
株式会社キネカは2019年9月28日、マッチング回数6万回、流通総額30億円突破を記念して、
2017年6月のリリース以降から”いつものシーンを非日常に”彩ってきたエンターティナー「patoキャスト」の表彰イベント「第2回patoアワード」を開催しました。
4500人以上のpatoキャストが全国各地の主要都市(東京、大阪、名古屋、福岡、横浜、神戸、京都、埼玉、仙台、札幌、広島、熊本、沖縄等)から集結し、利用者にリピートされた率や満足度等の項目からトップキャスト60人が表彰されました。

イベントの最後、
「トップpatoキャストによるプロデュース商品・ブランド・ショップ、芸能デビュー等をpato(パト)はサポートを開始します」と個人をエンパワーメントしていくエンターテイメントプラットフォームとしての方針を発表し、patoアワードを閉幕しました。


「pato(パト)」について
エンターテイナーとエンターテイナーに仕事依頼したい人との特化型マッチングプラットフォームです。日本のエンターテイナーの働き方をテクノロジーによって支援し、場所や時間、旧来の業界構造に依存しない新しい働き方を実現し、世界のエンターテイナーと比較して収入・待遇面で劣ることの多い市場環境を変革していくことをビジョンに掲げています。

依頼者は、”イベント"や"コンサート"の会場に出向く必要はなく、日常に溢れるレストランやカラオケ等の施設で手軽に手品やショーなどのエンターテイメントを楽しむことができます。シェアリングエコノミーの力でエンタメ産業を変革し、スキルや得意を持つキャストの新たな収益源となるエンタメ文化を創出し、生活者の"いつものシーンを非日常に"彩ることで、日本を元気にするサービスを目指していきます。2017年6月のリリース以降、TVや雑誌のメディアでも話題となり、40万ダウンロードを超え、6万回以上のマッチングを達成。

詳細: https://pato.today/guest

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング