コロナ禍の夏休みは“予算減”、“自粛意識の過ごし方”に変化!女子大生・女子高生マーケティング集団「Trend Catch Project」が、「若年層女性の夏休みの過ごし方」を調査

PR TIMES / 2020年7月21日 13時40分

RooMooN株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:浜内 久乃、以下RooMooN)が運営する、女子大生・女子高生マーケティング集団「Trend Catch Project 」は、この度女子大生および女子高生を対象に、「夏休みの過ごし方」に関するアンケート調査を実施しました。



[画像1: https://prtimes.jp/i/57887/6/resize/d57887-6-498602-11.jpg ]


調査サマリー


今年の夏休み予算は「10万円以内」。例年の予算から大幅ダウン
夏イベントの中止が、若年層女子の夏休み予定に影響
今年の夏休みは「友達から家族」、「外から内」へ変化

※調査結果をご紹介いただく際には、「Trend Catch Project 調べ」と注釈を記載ください。


今年の夏休み予算は「10万円以内」。例年の予算から大幅ダウン


[画像2: https://prtimes.jp/i/57887/6/resize/d57887-6-243347-7.png ]

例年と比較して、今年の夏休み期間は「変わらない」と答えた人が約50%、「夏休み期間が減った」と答えた人が約40%という結果になりました。「夏休み期間が増えた」との回答はわずか4%。新型コロナウイルスの影響から、授業スケジュールの変更などのしわ寄せが起こっていると考えられます。
[画像3: https://prtimes.jp/i/57887/6/resize/d57887-6-848544-0.png ]


昨年の夏休み期間で使用した金額に関して質問したところ、全体の約3割が、昨年の夏休み期間で「10万円以上使用した」と回答しています。昨年の夏休み期間には、全体の約6割が5万円以上を使用しており、自由に使える時間が多いため使用金額も増える傾向にあるようです。


[画像4: https://prtimes.jp/i/57887/6/resize/d57887-6-337993-10.jpg ]


夏休み予算に関して、全体のうち4割弱の学生が「予算を決めていない」と回答。新型コロナウイルスの影響から外出に制限がかかるため、具体的な予定を立てることが出来ないこと、アルバイトのシフトが減っていることからの収入減といった背景が考えられます。

昨年の夏休み期間には「10万円以上使用した」と回答した学生が最も多かったことから、今年の夏休み予算が大幅ダウンしていることは明らかです。


夏イベントの中止が、若年層女子の夏休み予定に影響


[画像5: https://prtimes.jp/i/57887/6/resize/d57887-6-284169-4.png ]


来たる2020年の夏休みの過ごし方については、全体の約8割が、今年の夏休みに参加予定だったイベントのうち、「中止になってしまったイベントがある」と回答。

コロナ禍で、女子大生・女子高生に人気の夏イベントにも大きな打撃があるようです。

[画像6: https://prtimes.jp/i/57887/6/resize/d57887-6-981884-5.png ]

さらに、参加予定だったイベントのうち、新型コロナウイルスの影響により中止となったイベントのジャンルは、「花火大会(55%)」、「お祭り(53.8%)」、「ライブ(43.8%)」と夏ならではのイベントが上位を独占しました。

夏の風物詩とも言えるイベントの相次ぐ中止は、若年層女子の夏休み期間の過ごし方にも影響を及ぼしているのではないでしょうか。


今年の夏休みは「友達から家族」、「外から内」へ変化



[画像7: https://prtimes.jp/i/57887/6/resize/d57887-6-252592-6.png ]


例年通りであれば、女子大生・女子高生のうち67%が「大学の友達」と夏休みを過ごしたかったと回答。次いで、「地元の友達」が62%という結果になりました。

夏休みは友達と仲を深めるチャンスだと考えている人が多いことが分かります。
[画像8: https://prtimes.jp/i/57887/6/resize/d57887-6-424131-3.png ]


今年の夏休みにしたかったこととして、87%が「旅行(日帰りも含む)」と回答、次いで65%が「テーマパーク」に行くことを望んでいたようです。

休みが長い夏休みだからこそ、友達と遠出をする予定だったと考えられます。
[画像9: https://prtimes.jp/i/57887/6/resize/d57887-6-136412-2.png ]


昨今の状況を踏まえ、今年の夏休みは誰と過ごす予定なのかを調査したところ、4割超が「家族」、次いで2割超が「地元の友達」という結果になりました。

現在は多くの大学でオンライン授業を実施しているため、特に新入生は大学というリアルな場で友達との仲を深められていないこと、実家に帰省して授業を受けている地方在住の学生が多いということも関係しているのではないでしょうか。


[画像10: https://prtimes.jp/i/57887/6/resize/d57887-6-956252-1.png ]


今年の夏休みは、「家で過ごす予定」、次いで「勉強」と回答した学生が多い結果に。今年は遠出はあまりせず、できるだけ家にいる時間を有効活用しようとする傾向にあると考えられます。

この度の調査から、2020年における女子大生・女子高生の夏休み事情は、新型コロナウイルスの影響により大幅に変化したことが明らかになりました。例年の予定や予算と比較すると、今年の夏休み期間は若年層女子の大半が外出自粛を心がける予定であると考えられます。

新型コロナウイルスによる女子大生・女子高生への生活スタイルの変化から、未だ「自粛すべき」といった意識があるのではないでしょうか。

━━━━━━━━━━━━━━━━
「Trend Catch Project」のnoteにて、「夏休みの過ごし方」に関する、さらに詳しい分析記事を公開しています。
https://note.com/yellowproject/n/n8db9cbf8abde
━━━━━━━━━━━━━━━━

<調査概要>
調査名:「夏休みの過ごし方」に関する調査
調査期間:2020年7月3日(金)~ 7月10日(金)
調査方法:インターネット調査
調査対象: 全国の女子高校生、女子大学生
回答件数:合計103件


女子大生・女子高生マーケティング集団「Trend Catch Project」について


[画像11: https://prtimes.jp/i/57887/6/resize/d57887-6-397608-9.jpg ]


「Trend Catch Project」は、2018年10月に発足した女子大生・女子高生マーケティング集団です。参加している学生主導で活動を行い、企業様へのマーケティング支援やトレンド発信を目的に、日々活動しています。

現在、関東・関西を中心とした高校生・大学生・短大生・専門学生が約80名ほど所属。今後さらに規模を全国に拡大し、女性のライフステージに合わせたリアルな意見を社会に向けて発信していきます。

【大学生部門】
▪️Trend Catch Project(関東本部)
https://forms.gle/QoCpkwpvbyJXGpbe9

▪️Trend Catch Project 関西
https://forms.gle/4hZpGXYtbmtXYfXt9

【高校生部門】
▪️Trend Catch Project JK
https://forms.gle/iLwGWcf4w2BuSQ227


RooMooN株式会社について


[画像12: https://prtimes.jp/i/57887/6/resize/d57887-6-590241-8.jpg ]


社名:RooMooN株式会社
代表取締役:浜内 久乃
設立:2020年4月
所在地:東京都港区南青山三丁目1番30号 エイベックスビル コワーキングスペース「avex EYE」内
事業内容:広報PR事業・コミュニティ運営事業・メディア事業・マーケティング事業

<公式アカウント>
Instagram: https://www.instagram.com/roomoon.jp/
Twitter: https://twitter.com/RooMooN_jp

<運営コミュニティ>
女子大生・女子高生マーケティング集団「Trend Catch Project」
Instagram: https://www.instagram.com/trendcatch_pj/
Twitter: https://twitter.com/trendcatch_pj
note: https://note.com/yellowproject

<運営メディア>
「Trend Mirror」
Instagram: https://www.instagram.com/trendmirror_jp/
Twitter: https://twitter.com/trendmirror_jp

【報道関係者様の問い合わせ先】
RooMooN株式会社 広報
メールアドレス:press@roomoon.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング