オフィスで実施されている感染症対策が明らかに! オフィス感染症対策ウェビナー視聴者アンケート結果を報告

PR TIMES / 2020年9月7日 9時15分

オフィス感染症対策に関する第二回ウェビナーを9月30日に開催決定!

建物・設備メンテナンスやオフィス感染症対策「ウィルストップ」を提供する株式会社フジサワ(群馬県前橋市、代表取締役:藤澤星)は、2020年7月30日に開催した弊社主催ウェビナーを開催し、オフィス感染症対策に関する視聴者アンケートを実施いたしました。また、第二回ウェビナーを9月30日に開催いたしますので、オフィス感染症に課題を抱える皆様のご参加をお待ちしております。

【第二回ウェビナーお申込みURL】 https://www.virustop.work/virustop_seminar02/
【オフィス感染症対策パッケージウィルストップ】 https://www.virustop.work/
【感染症対策カオスマップ】 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000005.000060310.html



[画像1: https://prtimes.jp/i/60310/6/resize/d60310-6-608123-5.jpg ]




ウェビナーアンケートの結果



【Q1:オフィス感染症対策、現状どのようなことを実施していますか】
回答数:255(複数回答可能)
・入室前の手指消毒:60
・始業前検温:36
・マスク着用:64
・レイアウト変更もしくはパーティーションなどの設置:36
・リモートワークやローテーション勤務の実施:53
・その他:6

結果の解説:
現状実施している対策として、「マスク着用」「入室前の手指消毒」「リモートワークやローテーション勤務の実施」の3つが回答数が多くなりました。「マスク着用」と「手指消毒」は感染症予防の基本であり、その基本対策を実施されていることが判ります。続いて「リモートワークやローテーション勤務」の回答数が高くなっていることは、視聴者の企業規模がある程度大きい可能性を示唆していると考えております。逆に「始業前検温」「レイアウト変更もしくはパーティーションなどの設置」は回答数が伸び悩む結果となり、毎日検温を実施して記録したり、物理的にオフィス環境を変更することにに対し、何らかの「ハードル/課題」が存在することを示唆しています。



[画像2: https://prtimes.jp/i/60310/6/resize/d60310-6-456703-4.png ]

【Q2:御社の感染症対策、何が課題ですか?】
回答数:124(複数回答可能)
・予算の確保:19
・人的工数が確保できない(従業員の時間):18
・費用対効果が計算しづらい:28
・従業員に浸透しない:22
・リモートワークで従業員が対策しているのか不明:21
・その他:16

結果の解説:
現状の課題として、「費用対効果が計算しづらい」「従業員に浸透しない」「リモートワークで従業員が対策しているか不明」という3つの回答数が多くなりました。感染症対策を行うとしても、費用対効果を把握することは重要となりますが、感染症対策ではその効果をどんな指標とするのかが非常に難しくなります。このため、様々な対策を比較/検討したとしても、そもそも費用対効果を算出できないため、意思決定することが難しい状況になっているようです。また、次点がどちらも従業員に対する課題となっており、感染症対策に対する温度差が存在することを示唆しています。

[画像3: https://prtimes.jp/i/60310/6/resize/d60310-6-991471-2.jpg ]

【Q3:今年の冬に向けて、更なる感染症対策は必要だと思いますか?
回答数:60
・はい:49(81.7%)
・いいえ:2(3.3%)
・分からない:9(15.0%)

結果の解説:
「更なる対策は必要」との回答が、80%を超える結果となっております。但し、費用対効果や従業員浸透度に課題を抱えていることから、「更に対策が必要だが、何をどうやって検討し、実行すれば良いのか分からない」というジレンマから抜け出せない状況が示唆されます。

[画像4: https://prtimes.jp/i/60310/6/resize/d60310-6-783493-3.jpg ]




第一回オフィス感染症対策ウェビナーの概要

総務のプロと医療のプロが教えます。
「新生活様式におけるオフィスの感染症対策と心構えとは?」
~従業員やお客様が安心できるオフィス、店舗運用~

日付:2020年7月30日 15時~16時30分
場所:Zoomでのオンラインセミナー
講師:池袋大谷クリニック  医師 大谷義夫
株式会社月刊総務  代表取締役社長 豊田健一
株式会社フジサワ  代表取締役 藤澤星

ウェビナー参加者:92名(Zoomパフォーマンスレポートより)
参加者属性:人事・総務系、オフィスマネジメント系、経営企画系、経営者



第二回オフィス感染症対策ウェビナーのご案内



[画像5: https://prtimes.jp/i/60310/6/resize/d60310-6-652074-7.jpg ]

オフィスにおける感染症対策をテーマとした第二回ウェビナーを、2020年9月30日(水)に開催いたします。今回は建築環境工学の専門家をお招きし、飛沫感染対策と接触感染対策の具体的な施策(換気と光触媒コーティング)について解説して頂きます。また、第1回ウェビナーでのアンケート結果を受けまして、より詳細なオフィス感染症対策に関するアンケート調査を実施しておりますので、その結果の一部をウェビナー内にてご報告する予定です。
第二回ウェビナーのお申し込みなどについては、以下のURLをご確認下さい。


総務と建築のプロが教えます!
『新生活様式におけるオフィスの感染症対策の現状とこれから』
 ~第2回 これ以上迷わないための感染症対策の考え方~
https://www.virustop.work/virustop_seminar02/



オフィス感染症対策パッケージ「ウィルストップ」の概要

フジサワのオフィス感染症対策パッケージ「ウィルストップ」は、「光触媒コーティング」「漆喰抗ウィルスシート」を組み合わせ、屋内のハイタッチサーフェス(高頻度接触表面)を抗菌・抗ウィルス化します。各技術は人体に対する健康影響を最小限に留めることができるにもかかわらず、長期的に抗ウィルス・除ウィルス効果を発揮し、アルコール消毒などの作業回数を軽減することが期待されます。衛生管理作業が軽減されることにより、管理部門スタッフなどの工数削減に繋がり、本来の業務に集中・従事できるだけでなく、オフィスの管理コストアップを抑制することができます。

詳しくは、以下のサービスサイトをご確認下さい。
【URL: https://www.virustop.work

注意事項
*2つの技術は抗ウィルス機能を有しますが、確実な感染予防を保証するものではありません。必ず他の対策と組み合わせることを推奨いたします。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング