1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

「第3回わっしょい米子祭り」開催決定&チケット販売中!

PR TIMES / 2021年9月22日 14時15分

2021年10月23日(土)開催!プロの音楽家と音楽に親しむ地元の人たちが一体となって楽しむ音楽のお祭り!

「もっと音楽を身近に感じてもらいたい」「今ある米子の音楽文化をもっと元気に」をテーマに2018年に誕生した「わっしょい米子祭り」。



[画像1: https://prtimes.jp/i/60397/6/resize/d60397-6-0ae1239898ec6b89168a-4.png ]



昨年は新型コロナウイスルの影響で通常開催を断念せざるをえませんでしたが、今年は、今だからこそ…のさらなる想いを込め、
客席の50%を上限にする等、感染対策に最大限の力を注いだ上で開催することといたしました。

第3回となる今回も、米子市出身で、わっしょい米子祭り実行委員会委員長、米子市ふるさと観光大使も務める横田誓哉が所属するBLACK BOTTOM BRASS BANDとスペシャルゲスト 米子市出身のテノール歌手 山本耕平のコンサート、地元高等学校の吹奏楽部、合唱部の皆さんとのコラボレーションなど、会場全体が一体となって音楽を楽しめる盛りだくさんの内容となっています。

[画像2: https://prtimes.jp/i/60397/6/resize/d60397-6-d5223dba686af1740b30-2.png ]

【第3回わっしょい米子祭り実施概要】
■日時:2021年10月23日(土)13:00開場/14:00開演
■会場:米子市公会堂大ホール(鳥取県米子市角盤町2丁目61番地)
■公式ホームページ: https://wasshoi-yonago.com/
■チケット購入: http://www.yonagobunka.net/publichall/
■出演:BLACK BOTTOM BRASS BAND
■スペシャルゲスト 山本耕平(テノール歌手・米子市出身)
■出演他:米子北高等学校吹奏楽部、鳥取県西部高等学校合同合唱部(米子北斗高等学校、  米子東高等学校、米子西高等学校、日野高等学校)
■チケット料金:一般 ¥3,000、高校生以下 ¥500(全席自由)
■チケット取り扱い:米子市公会堂、米子市文化ホール、米子市淀江文化センター、アルテプラザ、とりぎん文化会館、倉吉未来中心、WEBチケとっとり
※チケット購入前に新型コロナウイルス対策について公式HPにてご確認下さい。
■主催:わっしょい米子祭り実行委員会、米子市、(一財)米子市文化財団、(公財)鳥取県文化振興財団、(株)セカンドライン
■後援:NHK鳥取放送局、BSS山陰放送、日本海テレビ、TSKさんいん中央テレビ、テレビ朝日鳥取支局、中海テレビ放送、新日本海新聞社、山陰中央新報社、読売新聞鳥取支局、朝日新聞鳥取総局、毎日新聞鳥取支局、産経新聞社、共同通信社鳥取支局、エフエム山陰、DARAZ FM
※pooolは、わっしょい米子祭り実行委員会に所属しています。

【わっしょい米子祭りとは?】
2019年に開催された第2回わっしょい米子祭りでは、わっしょい米子祭り代表の横田誓哉の親友、同じく米子市出身のOfficial髭男dismの藤原聡さんがスペシャルゲストで出演!大盛況の音楽イベントでした。また、高校時代に作曲したオリジナル曲『スニーカー』を披露。後にイベントのダイジェストシーンで映像化され、話題となりました。

[動画1: https://www.youtube.com/watch?v=GW0XD7kiZhE ]



[画像3: https://prtimes.jp/i/60397/6/resize/d60397-6-b43e355549a321eabdbd-3.jpg ]



【ドラマー横田誓哉コメント】


[画像4: https://prtimes.jp/i/60397/6/resize/d60397-6-cb5958e8617afb1b7771-1.png ]

わっしょい米子祭り代表の横田誓哉です。
この度、2021年10月23日に、米子公会堂にて、第3回わっしょい米子祭りを開催することといたしました。

2020年、わっしょい米子祭りは、コロナウイルス感染拡大の影響を受け、一度は開催を発表し準備を進めていたものの、中止せざるをえませんでした。
しかし、中海テレビ特別番組「わっしょい米子祭り2020」で地元の学校の吹奏楽部の皆さんと共演するという形で、わっしょい米子祭りを続けることができました。
演奏機会に恵まれない1年となった吹奏楽部の生徒さん達と共演し、喜びに溢れる姿を見ることで、「違う形でもわっしょい米子祭りができて良かった」という気持ちと共に、「これだけ素晴らしい演奏や想いがありながらも、コロナ禍で必然的に衰退しつつあるこの音楽文化を守っていかなければならない」と感じました。

未だコロナウイルスは収束せず、感染拡大による影響が多々ある中での開催発表には、さまざまなご意見があると思います。

しかし、わっしょい米子祭りは、第1回から「米子の音楽をもっと元気に」、「音楽をもっと身近に」をテーマに掲げてきました。この二つのテーマは、現在米子市のみならず、日本全国に おいて危機的状況にあります。
その状況を少しでも打開するために、最大限の安全に一番の力を注ぎながら、コンサートの開催を諦めず可能性を探っていくことが必要だと考えました。

どのようなコンサート形式を取れるかはまだ分かりませんが、実行委員会、中心となるBLACK BOTTOM BRASS BANDをはじめ、関わっていただく多くの皆さんと共に、慎重に、最大限の安全の下での音楽文化の継続と更なる発展を願うわっしょい米子祭りの開催をめざします。

コロナウイルスの収束を願いつつ、しっかりと準備をして、10月23日のコンサート当日、皆さんにお会いできることを楽しみにしています。

第3回わっしょい米子祭り、よろしくお願いします!

わっしょい米子祭り代表
横田誓哉

■横田誓哉公式ホームページ: https://yokotaseiya.com/

【第3回わっしょい米子祭りのゲスト】

[画像5: https://prtimes.jp/i/60397/6/resize/d60397-6-d8a4af79619be3e1f308-0.png ]

第3回わっしょい米子祭りのスペシャルゲストは、テノール/オペラ歌手の山本耕平さん。ドラマー横田誓哉とはかねてよりプライベートで交流がありましたが、第3回わっしょい米子祭りで共演を果たします。


■山本耕平氏プロフィール
東京学芸大学教育学部音楽科クラリネット専修を経て、東京藝術大学音楽学部声楽科に入学。安宅賞、同声会賞、アカンサス音楽賞、松田トシ賞を得て首席卒業後、伊ミラノ・ヴェルディ音楽院に留学。修了後、東京藝術大学大学院音楽研究科修士課程オペラ専攻に復学し、大学院アカンサス賞を得て首席修了。平成27年度文化庁新進芸術家海外研修制度研修員として、また五島記念文化賞オペラ新人賞受賞により、伊マントヴァで更なる研鑽を積む。イタリア声楽コンコルソ・ミラノ大賞部門第1位、日伊声楽コンコルソ第1位及び歌曲賞等多数受賞。

オペラはこれまでに、『イドメネオ』タイトルロール、『愛の妙薬』ネモリーノ、『椿姫』アルフレード、『こうもり』アルフレード等に出演。東京二期会では『ドン・カルロ』タイトルロール、『リゴレット』マントヴァ公爵、『後宮からの逃走』ベルモンテ、『金閣寺』柏木、『天国と地獄』オルフェ等次々と大役を演じて高評を得ている。コンサートソリストとしても「第九」等で高い評価を得ており、「NHKニューイヤーオペラコンサート」、「ららら♪クラシック」、「東急ジルベスターコンサート」等メディアへの出演も多い。

今後は、2021年7月二期会『ファルスタッフ』フェントン、8月同『ルル』アルヴァ、11月日生劇場『カプレーティとモンテッキ』テバルドに出演予定。
「Mi manchi」「君なんか もう」など2枚のソロアルバムをリリース。2013年CHANEL Pygmalion Days ARTISTS。鳥取県米子市出身。米子市首都圏観光大使。とっとりふるさと大使。二期会会員。

【第3回わっしょい米子祭りスペシャル企画】
■第3回わっしょいの企画として、[特別対談]ドラマー横田誓哉×伊木隆司米子市長『ウィズコロナ時代の地域の音楽文化の振興と地域活性化を考える』を収録。ウィズコロナ時代の音楽文化という難題に対して、二人が本音で語り合いました。

[動画2: https://www.youtube.com/watch?v=Tt3hiZFC9pw&t=1090s ]


【当日まで約1か月】
当日はホストバンドでありドラマー横田誓哉が所属するBLACK BOTTOM BRASS BANDとスペシャルゲストの山本耕平氏とのこの日限りのコラボレーションがお楽しみいただけます。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング