1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

半導体材料市場2021サイズ、ステータス、分析および正確な見通し| BASF SE、Cabot Microelectronics、DowDuPont、Hemlock Semiconductor

PR TIMES / 2021年9月17日 9時45分

世界の半導体材料の市場規模、状況、および予測2021年

東京、2021年9月16日、Market Insights Reports(Ameliorate Digital Consultancyグループの会社)は、2021年9月5日から販売される半導体材料市場に関する最新の市場調査レポートをリリースしました。

グローバル半導体材料市場調査レポート2021-2027は、ビジネスストラテジストにとって洞察に満ちたデータの貴重な情報源です。業界の概要と、成長分析、過去および未来のコスト、収益、需要、供給データ(該当する場合)を提供します。リサーチアナリストは、バリューチェーンとそのディストリビューター分析の詳細な説明を提供します。この市場調査は、このレポートの理解、範囲、および適用を強化する包括的なデータを提供します。

リンクをクリックして、レポートのサンプルコピーを入手してください。

https://www.marketinsightsreports.com/reports/08303205136/global-and-japan-semiconductor-materials-market-size-status-and-forecast-2021-2027/inquiry?Mode=P68

市場セグメンテーション:

キープレーヤー:
BASF SE、Cabot Microelectronics、DowDuPont、Hemlock Semiconductor、Henkel AG、Air Liquide SA、Avantor Performance Materials、Hitachi High-Technologies、Honeywell Electronic Materials、JSR Corporation、Tokyo Ohka Kogyo America、MitsuiHigh-Tecなど。

業界ニュース

2020年2月-日立ケミカル株式会社も約30億円を投資し、半導体研磨材「ナノセリアスラリー」の生産能力を増強しました。この新しいスラリーは、従来のモデルよりも半導体基板に発生する研磨傷が少ないため、回路の破損を防ぎ、半導体デバイスで微細なピッチパターンを実現することができません。

タイプ別セグメント:
ファブ材料
包装材料

アプリケーション別セグメント:
コンピューター
通信
消費財
防衛および航空宇宙
その他

地域は半導体材料市場レポート2021年から2027年までにカバーされています

市場のダイナミクスを包括的に理解するために、世界の半導体材料市場を主要な地域、つまり北米(米国、カナダ、メキシコ)、ヨーロッパ(ドイツ、フランス、英国、ロシア、イタリア)、アジア太平洋(中国)にわたって分析します。、日本、韓国、インド、東南アジア)、南アメリカ(ブラジル、アルゼンチン、コロンビア)、中東、アフリカ(サウジアラビア、アラブ首長国連邦、エジプト、ナイジェリア、南アフリカ)。これらの各地域は、市場のマクロレベルの理解のために、これらの地域の主要国全体の市場調査結果に基づいて分析されます。

レポートの主なハイライト

–タイプ、最終用途、および地理的地域によってセグメント化された、世界の半導体材料業界の定量的な市場情報と予測。

– 2027年までの半導体材料の成長を促進する主要な技術的、人口統計学的、経済的、および規制要因の専門家による分析。

–新しい投資のための市場機会と推奨事項。

– 2027年までの新興国の成長見通し。

完全なレポートを閲覧する:

https://www.marketinsightsreports.com/reports/08303205136/global-and-japan-semiconductor-materials-market-size-status-and-forecast-2021-2027?Mode=P68

世界の半導体材料市場を示す13のセクションがあります。

第1章: 市場の概要、推進要因、制約と機会、セグメンテーションの概要
第2章: メーカー別の市場競争
第3章: 地域別の生産
第4章: 地域別の消費
第5章: 生産、種類別、収益と種類別の市場シェア
第6章: アプリケーション別の消費、市場シェア(%)、アプリケーション別の成長率
第7
章: メーカーの 完全なプロファイリングと分析第8章:製造コスト分析、原材料分析、地域ごとの製造費
第9章: 産業チェーン、ソーシング戦略と下流バイヤー
第10章: マーケティング戦略分析、ディストリビューター/トレーダー
第11章: 市場効果要因分析
第12章: 市場予測
第13章: 半導体材料市場調査の結果と結論、付録、方法論およびデータソース

最後に、研究者はグローバル半導体材料市場のダイナミクスのピンポイント分析に光を当てます。また、市場成長の背後にある基本的なルーツである持続可能なトレンドとプラットフォームを測定します。競争の程度は、調査レポートでも測定されます。SWOT分析とポーターの5つの分析の助けを借りて、市場は深く分析されました。また、ビジネスの前にあるリスクと課題に対処するのにも役立ちます。さらに、販売アプローチに関する広範な調査を提供します。

その他のレポートを閲覧する:

帯電防止包装材料市場

帯電防止包装材料は、内容物を静電気による損傷から保護できる包装容器です。それらは主に電子部品の包装に使用されます。帯電防止包装材料には、通常、静電気防止バッグ、静電気防止スポンジ、静電気防止グリッドなどが含まれます。

帯電防止包装材料の生産は技術的障壁が低く、労働集約的な産業です。現在、世界の帯電防止包装材料業界には多くの製造会社があります。主な市場プレーヤーは、ミラーパッケージング、Desco Industries、DouYeeなどです。

https://www.marketinsightsreports.com/reports/09133247756/global-and-united-states-anti-static-packaging-materials-market-insights-forecast-to-2027?Mode=68

半導体およびICパッケージ材料市場

半導体およびICのパッケージ材料は、半導体やICなどの電子部品を外部からの衝撃や腐食などから保護することが知られています。

アジア太平洋地域は2014年に半導体パッケージ材料市場の収益を支配しました。中国、日本、台湾、韓国は、電子パッケージ材料の巨大な需要を持っている新興市場を持つ主要国です。

https://www.marketinsightsreports.com/reports/02112602698/global-semiconductor-and-ic-packaging-materials-market-research-report-2021?Mode=68

ダイヤモンド半導体基板市場でのGaN

窒化ガリウム(GaN)-on-Diamondテクノロジーは、Akashの共同創設者であるFelix Ejeckamによる先駆的な材料発明であり、元の成長基板からGaN薄膜を持ち上げ、それを合成CVDダイヤモンド基板に転写することによって作成されます。 2,000 W / mKは、これまでに製造された中で最高の既知の熱伝導率(次善の材料の4倍以上)を示します。
ダイヤモンド半導体基板上のグローバルGaNには、Element Six、Akash Systems、Qorvo、RFHIC Corporationなどが含まれます。グローバルトップ4メーカーは、90%以上のシェアを持っています。
北米が最大の市場であり、75%以上のシェアを持ち、ヨーロッパが20%近くのシェアを持っています。

https://www.marketinsightsreports.com/reports/09083236303/global-and-china-gan-on-diamond-semiconductor-particles-market-insights-forecast-to-2027/Mode=68

注:私たちがリストするすべてのレポートは、COVID-19の影響を追跡しています。これを行う際に、サプライチェーン全体の上流と下流の両方が考慮されています。また、可能であれば、第3四半期のレポートに追加のCOVID-19更新補足/レポートを提供します。営業チームに確認してください。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング