『日・中エンジニアのキャリア比較調査』を実施 ~中国人エンジニアの転職経験者は約7割~

PR TIMES / 2012年1月30日 15時50分



株式会社メイテック(本社:東京都港区、代表取締役社長 西本甲介)は、中国のエンジニアが日々感じているキャリア感や就業感について、エンジニア515人に調査を実施し結果をまとめましたので、公表いたします。

また、2011年12月に公表した第一回「国内エンジニアのキャリア調査」と比較し、日中両国のエンジニアの意識の違いも浮彫りとなりました。調査の結果が、関係各位の参考に供していただければ幸いです。


=================================
【調査結果の概要】
<就社・就職理由>
●現在の会社に就職した理由は、中国人エンジニアでは「自分の能力・技術を磨くことができると思ったから」(46.6%)が最も高く、国内エンジニアでは「自分のやりたい仕事ができると思ったから」 (46.2%)が最も高い結果となり、就社理由の違いが顕著。
●エンジニアの仕事に就いた理由は、中国人エンジニアでは「専門知識・専門スキルを活かせるから」(66.2%)が群を抜いて高い。国内エンジニアでは同項目を選んだ方も多いが、それに並んで「モノ作りが好きだったから」(39.5%)の高さが目立ち、日本人のモノ作りへの強い拘りがみられる。
 
<職業観>
●職業観についてみると、中国人エンジニアは、「任された仕事への責任感」(96.3%)や「期待以上のアウトプットを追及したいという思い」(89.5%)が強く、「プロ意識」(80.6%)も高いスコアとなっている。
  年代別では、国内エンジニアは年代を重ねるごとに「プロ意識」が高まっていく傾向(【20代】と【40代】の差が+43.5ポイント)に対し、中国人エンジニアは、年代に大きな差はみられない(【20代】と【40代】の差が+9.1ポイント) 。

<エンジニア継続意向>
●現在勤めている会社にかかわらず、今後も「エンジニアの仕事を続けていきたい」と回答したエンジニアは日・中ともに8割以上と高く、国を超えて“エンジニア”という職業に誇りやプライドを持っていることがうかがえる。

<転職経験>
●転職経験は、中国人エンジニアが約7割と高く、国内エンジニア(5割)を大きく上回る。
  年代別では、 【20代】の国内エンジニアが約2割と低いのに対し、 【20代】の中国人エンジニアは6割強と高く、若い世代でも転職経験者が多いことがうかがえる。

<会社軸、職業・職種軸によるエンジニアのタイプ分類>
●中国人エンジニアでは、会社と職業・職種両方への拘りが強い“両立型”(64.3%)が最も多く、国内エンジニアでは、“両立型”(35.6%)と、会社と職業・職種両方への拘りがあまりない“こだわりない型”(39.3%)に分かれる。
  年代別で見ると、【20代】の中国人エンジニアでは“両立型”(67.2%)の割合がどの年代よりも高いのに対し、 【20代】の国内エンジニアでは、“こだわりない型”(51.0%)の割合がどの年代よりも高く、対照的となっている。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング