「エコストレス」がエコ商品購入を左右

PR TIMES / 2014年1月27日 15時25分

低ストレスの「ソーシャルエコ族」から高ストレスの「エコ無関心族」まで、生活者を6クラスター化

ADK「環境エネルギー総合調査」調査結果トピックス

1. お金が節約できないとエコ生活をしない若者。逆にシニアはエコ生活はかっこいいと考える。
2. 意外にエコストレスが高い「エコ・イベント参加」「カーシェアリング」「太陽光発電システム設置」。
3. 省エネ家電の利用、地域リサイクル活動参加などは、「重要と考える」が「実際には行っていない」。

30項目のエコ行動について、エコストレスを感じる傾向から生活者を6クラスターに分類。

 ※「エコストレス」とは・・・人がエコ行動に積極的になれない心理的障壁



  株式会社アサツーディ・ケイ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:植野伸一、以下ADK)が環境エネルギーに関する商品・サービス・ビジネス・マーケティング等の開発を目指して設立した「ADK環境エネルギー・カテゴリーチーム」は、環境エネルギー分野の研究者である 法政大学地域研究センター 特任教授 白井信雄氏とともに、全国の生活者を対象に「環境エネルギー総合調査」を実施しました。

 この調査は、エコ行動に関する生活者心理を解明し、近い将来に起こる住まいや暮らしのスマートシティ化、環境エネルギーに関する商品やサービスの普及促進に役立てることを目的とします。

 調査においては、人がエコ行動に積極的になれない心理=「エコストレス」に注目し、クールビズやウォームビズへの対応、太陽光発電システムやハイブリッドカーの購入など、30のエコ行動について、エコストレスを測りました。さらにエコストレスを感じる傾向をもとに、生活者を6タイプのクラスターに分類しています。

 また、これら30のエコ行動を促すモチベーションとなる心理要因についても、Ethical(倫理性)、 Economical(経済性)、Enjoyable(娯楽性)という、“3つのE”の視点をもとに分析しました。

 同チームでは今後、この調査結果をふまえて、スマートシティにおけるマーケティングビジネス開発、環境エネルギー関連商品の販売促進等の活動を行って参ります。

 以下に、調査結果のトピックスと資料を紹介いたします。

【調査結果トピックス】
1. お金が節約できないとエコ生活をしない若者。逆にシニアはエコ生活はかっこいいと考える。
2. 意外にエコストレスが高い「エコ・イベント参加」「カーシェアリング」「太陽光発電システム設置」。
3. 省エネ家電の利用、地域リサイクル活動参加などは、「重要と考える」が「実際には行っていない」。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング