<新しいsyoss ケアシリーズ 登場>ダメージヘアを内側から補修し、芯からしなやかで美しい髪へ! ~毛髪の繊維に近い補修成分プロセリム・ケラチンが髪の強度をアップ~

PR TIMES / 2012年3月19日 12時18分



シュワルツコフ ヘンケル株式会社(本社:東京都品川区、社長:河野崇生)は、「手がとどく、サロン品質。」をコンセプトとし、サロンの仕上がりを実現するプロフェッショナル処方のヘアケアブランド「syoss(サイオス)」のシャンプー・コンディショナー・トリートメント マスクをリニューアルし、2012年3月19日(月)より全国にて発売いたします。

≪プロフェッショナル処方がさらに進化して「素髪力」をアップ≫
リニューアルしたsyossシリーズは、製品パフォーマンスがアップしたプロフェッショナル処方。長期的に髪質を改善していく視点で、髪が本来持っている「素髪力」をアップさせます。

<製品特長>
◆毛髪補修・保湿成分「プロセリム・ケラチン」配合:毛髪の繊維の構造に近いらせん状のケラチンが、寸断され傷んだ毛髪繊維を内側から補修し、芯からしなやかで美しい髪へとみちびきます。
◆「水溶性シリコーン」採用:洗髪中の摩擦から髪を守り「きしみ」を防ぎつつ、洗髪後の髪に余分なものを残しません。
◆「サロン帰りの思わずさわりたくなる髪」を追求。新syossを使用したユーザーからは、従来のsyossと比べて指どおりのよさや、まとまり感がさらにアップしたという声をいただいています。

≪リニューアルした新syossシリーズ≫
【リペア インテンシブケア】
ダメージの気になる髪用

【モイスチャー インテンシブケア】
乾燥してパサついた髪用

≪毛髪の繊維に近い“プロセリム・ケラチン”で髪を内側から補修≫
髪の毛の約90%はケラチンというたんぱく質から出来ています。ドライヤーや紫外線などで髪がダメージを受けると、このケラチン 繊維が切れて髪の強度が低下、髪本来のしなやかさが失われ、切れ毛や枝毛の原因になります。
syossに配合されている「プロセリム・ケラチン」※1は、毛髪繊維の構造に近い“らせん状”のケラチン。このらせん状のケラチンを配合することで、寸断された髪繊維を内側から補修、髪本来の「素髪力」を引き出し、芯からしなやかで美しい髪へとみちびきます。
実際にプロセリム・ケラチン配合の水溶液で処理されたダメージ毛は処理前と比較して22%も強度がアップしました。
※1・・・毛髪補修・保湿成分「加水分解ケラチン(羊毛)」

≪“水溶性シリコーン”で脱メタボ髪≫
多くのリテール製品に配合されているシリコーンは、シャンプー時の摩擦を軽減し、洗い立ての仕上がりのよさをアップさせるメリットがありますが、髪に蓄積し「重くなる」、「乾きにくい」、「カラーが入りにくい」、「ベタつく」、「抜け毛」などの問題を引き起こし「メタボ髪」の原因となります。
そこで、syossは「水溶性のシリコーン」を採用※2。ウェット時の指どおりをよくし、シャンプー時の「きしみ」を解消します。一方で水溶性なので、シャンプー後は髪に 残らず、メタボ髪になるのを防ぎます。
※2・・・リペア シャンプー/モイスチャー シャンプーに配合。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング