社内SNSエアリー、BCP対策として日本ベリサインの提供する防災ソリューションに参画 ~災害時のコミュニケーションプラットフォームとしてサービス提供~

PR TIMES / 2012年1月10日 14時29分

株式会社ガイアックス(本社:東京都品川区、代表執行役社長:上田祐司、証券コード:
3775 、以下ガイアックス)は、500社以上に提供している国内トップシェア(※1)の企
業向けSNS「エアリー」(以下、エアリー)が、企業のBCP対策(※2)として日本ベリサ
イン株式会社(以下、ベリサイン)の提供する防災ソリューションに参画することをお知
らせいたします。
災害が発生し社員の安否確認が出来た後、「エアリー」を通じて円滑なコミュニケーショ
ンを提供することで、スムーズな業務の復旧を支援します。

※1 株式会社富士キメラ総研が2011年5月31日に公表
※2 BusinessContinuityPlan(事業継続計画)対策の略。「災害時に重要業務が中断し
ない」または、「重要業務が中断したとしても目標時間内に再開する」ことで「取引の他
社流出」、「シェアの低下」、「企業評価の低下」などへの防止対策のこと。


● 災害時に従業員同士のコミュニケーションを自宅のパソコンで実施出来る環境を提供
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
防災ソリューションでは、災害発生時に、従業員が各自の身の回りにあるパソコンや携帯
電話などのデバイスを利用し、企業と従業員または従業員同士のコミュニケーションを円
滑に行う環境をご提供します。
ベリサインが提供するセキュアな接続環境の「Webクライアント」(※3)は、管理者が利
用するアプリケーションを指定することで、企業側が伝えたい情報を1カ所に集約するこ
とが可能です。災害時の混乱の中でも情報伝達の確実性を高められる上に、災害後もその
まま自宅のパソコンを仕事環境としてご活用いただけます。また、スマートフォン対応も
しているので、「Webクライアント」から社内SNS「エアリー」に接続すれば、双方向のコ
ミュニケーションが可能です。

※3 サービスキーとして提供されるデータ通信カードやUSBメモリなどをインターネット
に接続されているPCやスマートフォンなどのデバイスの端末に挿入することで、複雑な操
作なしにクラウドから独自のデスクトップを素早く呼び出してデバイスのディスプレイに
表示させることができるサービスのこと。


● 防災ソリューションのサービス体系
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ベリサインを中心として提供する防災ソリューションは、基本サービス、通信サービス、
クラウドサービスの3つの体系に分かれており、ガイアックスの他、イー・アクセス株式
会社、綜合警備保障株式会社、株式会社デジタルガレージ、ネットエージェント株式会
社、株式会社ブイキューブ、株式会社レスキューナウが参画しています。
ガイアックスの提供する社内SNS「エアリー」は、ベリサインが提供する「Webクライアン
ト」を通じて、セキュアに会社の情報に接続することができる環境を提供します。普段か
ら使い慣れている一般のSNSとお同じような機能や表示形式のため、初めてご利用頂く方
でも説明を受けることなくスムーズに利用することができます。なお、イー・モバイルの
「BCP特別プラン」へお申込みいただければ、災害時用にインターネットへの接続手段を
確保することが可能です。クラウドサービスでは、ご利用される企業様のニーズに合わせ
て、必要なサービスをお選びいただけます。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング