世界初、全編野外ロケの新機内安全ビデオを公開 イギリス人冒険家ベア・グリルスが登場

PR TIMES / 2013年2月27日 12時49分

ニュージーランド航空は、2013年2月27日、世界初オール野外ロケ、イギリス人冒険家ベア・グリルス主演の新機内安全ビデオ「アウトドア編-Bear Essentials」を公開します。

ニュージーランド航空は、テレビシリーズ『サバイバルゲーム Man vs. Wild』で世界的に知られる冒険家ベア・グリルスを起用し、ニュージーランドの南島、フィヨルドランド国立公園近くにある「ルートバーン・トラック」の奥地で機内安全ビデオを撮影しました。




このベア・グリルスの新機内安全ビデオは、映画「ホビット」にちなんだ「ホビット編-An unexpected Briefing」、ニュージーランドのラグビーチーム、オールブラックスが出演した「オールブラックス編-Crazy About Rugby」、フィットネスのカリスマ、リチャード・シモンズによる「エアロビクス編-Fit To Fly」、客室乗務員が裸にボディ・ペインティングをして登場した「ボディ・ペインティング編-Nothing To Hide」などに続く新作になります。

ベア・グリルスに加え、新機内安全ビデオには、ニュージーランドの著名な昆虫学者ルード・クレインペーストや、ケア(ミヤマオウム)、トゥアタラ(ムカシトカゲ)、ニュージーランド固有の昆虫グロウワームや絶滅した飛べない鳥モアが出演します。また、ニュージーランド・ボーイスカウト連盟の子供たち3人が、英国ボーイスカウト連盟のチーフ・スカウトでもあるベアと名誉ある共演を果たしました。

ベア・グリルスは、機内安全ビデオを野外で撮影するというのは何とも画期的なアイデアだ、と述べています。またベアは今回の撮影について、「ニュージーランドは私の第二の故郷で、このキャンペーンに参加でき、大変光栄に思います。私たちは本当に素晴らしい舞台で素晴らしいチームと撮影することができました。」とコメントしています。

ニュージーランド航空のチーフ・マーケティング&カスタマー・オフィサーのマイク・トッドは、ベア・グリルスは機内安全ビデオの理想的な伝達役だと述べています。「ベアは命に係わる機内安全のメッセージを伝えると同時に、ニュージーランドの魅力を体現することができる、私たちの理想的なパートナーです。私たちはこの機内安全ビデオによって、ニュージーランドの魅力に注目を集めるとともに、少しでもニュージーランドを訪れる方が増えればと期待しています。」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング