富士経済・個人投資家調査「いつかは ゆかし」が「積立したい商品」ランキングで第1位に選ばれました

PR TIMES / 2012年12月6日 19時54分

富士経済・個人投資家調査「毎月積立をしてみたい商品・サービス」で「いつかは ゆかし」がNo.1!理由は「パフォーマンス(コスト控除後の過去5年の年平均利回り)が一番高いから」(44.0%)

海外投資を専門とする日本最大の個人向け投資助言会社アブラハム・プライベートバンク株式会社が提供する海外ファンド積立支援サービス「いつかは ゆかし」は、株式会社富士経済が実施した個人投資家アンケート調査において、「積立投資をしたい商品・サービス」として第1位に選ばれました。



海外投資を専門とする日本最大(注1)の個人向け投資助言会社アブラハム・プライベートバンク株式会社(http://abraham-bank.com/ 本社:東京都港区、代表取締役社長:高岡壮一郎、関東財務局長(金商)第532号、投資助言業)が提供する海外ファンド積立支援サービス「いつかは ゆかし」は、株式会社富士経済(本社:東京都中央区、代表取締役社長:阿部界)に依頼調査をした個人投資家アンケートにおいて、「積立投資をしたい商品・サービス」として第1位に選ばれました。


年金不安の中で、老後1億円が必要と言われています。将来のために今から長期積立をしたいというニーズが、30代・40代で増加しています。アブラハム・プライベートバンク株式会社では「誰も見たことのない事業でこの社会を変え、この国の一人ひとりを輝かせる」をミッションに掲げ、「日本人の金融リテラシーをグローバルスタンダードに近づけることで、将来不安を抱えるすべての人を安心へと導く」というビジョンを実現すべく、今後もお客様にご満足いただける商品の開発およびサービスの向上に努めてまいります。


■アンケート調査概要
<調査期間>2012年11月20日~2012年11月26日まで
<調査対象>日本国内に居住している30歳~49歳の個人投資家(何らかの投資を行っている人)で、積立投資に興味がある人
<調査方法>WEBアンケート調査
<有効回答数>300人
<調査機関>株式会社富士経済


‐ 「毎月積立」をしてみたいランキング1位は「いつかは ゆかし」
個人投資家に人気の「積立商品・サービス」6つの内、「毎月積立」をしてみたい商品・サービスを聞いたところ、1位が「いつかは ゆかし」(30.0%)でした。


・「毎月積立」をしてみたい商品・サービスランキング
1位 いつかは ゆかし・・・30.0%
2位 国内A証券・・・25.7%
3位 国内B証券・・・22.3%
4位 国内C証券・・・15.0%
5位 国内D投信・・・4.0%
6位 国内E投信・・・3.0%
※ アブラハム・プライベートバンク、国内投信2社(積立型、直販型)、国内証券3社(総合証券1社、ネット証券大手2社)を対象とした(富士経済調べ)


‐ 理由は、コスト控除後のパフォーマンスが高いから
「毎月積立」をしてみたい商品で「いつかは ゆかし」を選んだ理由については、「パフォーマンス(コスト控除後の過去5年の年平均利回り)が一番高いから」が最多(44.0%)でした。積立型商品各社のパフォーマンス比較は以下の通りです(富士経済調べ)。


・国内外の主要積立商品比較 (過去5年間の年平均利回り)
1位 いつかは ゆかし・・・15.34%
2位 国内A証券・・・7.61%
3位 国内B証券・・・7.41%
4位 国内C証券・・・3.59%
5位 国内D投信・・・-5.41%
6位 国内E投信・・・-12.24%


※ アブラハム・プライベートバンクの「いつかは ゆかし」の海外積立プログラムを通じて購入可能なファンド、国内投信2社の単品積立商品・国内証券3社の積立商品中、各社で一番リターンの良い商品(シャープレシオが0.75以上に限定)を対象に、2007年9月~2012年9月までの5年間の年平均利回りを比較(富士経済調べ)
※ アブラハム・プライベートバンクは、特定の金融商品の投資勧誘・販売等またはそれらの媒介行為は行っておりません。


※ 同結果は「日経ビジネス12月3日号」(p.84)、「週刊文春 12月13日号」(p.117)に広告として掲載中です。
   日経ビジネス http://abraham-holdings.com/wp-content/uploads/2012/12/e94dd6ab3e4d07678a8c063fc0e2c7c4.pdf
   週刊文春   http://abraham-holdings.com/wp-content/uploads/2012/12/a73823593d3b3fc47f3d4b00ff3a3691.pdf


・ランキング1位をつけた「積立商品」を選択した理由
1位 パフォーマンス(コスト控除後の過去5年の年平均利回り)が一番高いから・・・44.0%
2位 最低投資単価(月間)が一番低いから・・・24.3%
3位 積立プログラム提供者の格付けが一番高いから・・・23.7%
4位 海外の積立プログラムで税務上の有利さがあり複利の効果が得やすいから・・・9.3%


対象として選んだ各社は「最低投資単価が安いことを」を一番にアピールしていますが、個人投資家のニーズとして、コスト控除後のリターンが重視されていることが分かります。


‐ 積立に興味はあるが、まだやっていない人が63.3%

・「毎月積立」型の金融商品の投資状況
興味はあるが、まだやっていない・・・63.3%
興味があるし、もうやっている・・・36.7%


30代・40代の個人投資家の中で積立投資に興味がある人のうち、まだ開始していない人は63.3%にのぼります。今後、資産形成層の積立が益々進むものと思われます。


※注1:海外投資を専門とする個人向け投資助言会社の会員数において(2012年11月現在、アブラハム・プライベートバンク調べ)


※ 「いつかは ゆかし」を開始するには、アブラハム・プライベートバンク株式会社会員規約、契約締結前交付書面、投資助言契約の内容についてご理解・ご同意頂いた上、投資助言契約の締結が必要となります。
※ 投資助言の対象となる金融商品には、各種金融商品相場の変動等により元本欠損が生じるおそれがあります。


▼リリースページ   
http://abraham-bank.com/news/20121206.html


▼「いつかは ゆかし」公式サイト
http://itsukaha-yucasee.jp/
“海外積立投資支援サービス”“自分年金1億円形成支援サービス!”として各所で注目を浴びています。


本サービス詳細を解説した当社記事広告もご覧ください。
・日経ビジネス 12月3日号
http://abraham-holdings.com/wp-content/uploads/2012/12/e94dd6ab3e4d07678a8c063fc0e2c7c4.pdf


・週刊文春 12月13日号
http://abraham-holdings.com/wp-content/uploads/2012/12/a73823593d3b3fc47f3d4b00ff3a3691.pdf


▼サービス提供元 アブラハム・プライベートバンク株式会社について
1. 海外投資を専門とする投資助言会社として日本最大(投資助言契約累計400億円突破。2012年9月末現在)
2. 監査法人トーマツ急成長企業ランキング「Fast50」2年連続受賞
3. 「海外投資で相談したい会社No.1」(マクロミル調べ)
4. 2012年10月9日 累計400億円突破記念で、料金の値下げを行いました。それに伴いHPをリニューアルしました(公式HP:http://abraham-bank.com/
5. アブラハム・グループは、金融資産1億円以上の富裕層限定組織「ゆかし」を運営しており、日経新聞・NHK・日経ビジネス等大手メディアに140回以上掲載されています。


【本件に関するお問い合わせ先】
アブラハム・プライベートバンク株式会社 広報担当
TEL:03-5776-7060  FAX:03-3438-4052


【アブラハム・プライベートバンク株式会社 概要】
YUCASEE(ゆかし)を運営しているアブラハム・グループ・ホールディングス株式会社(本社:東京都港区、資本金及び準備金:5億1,000万円、代表取締役社長:高岡壮一郎、株主:東京海上日動火災保険株式会社、株式会社ジャフコ他)の100%子会社。海外ファンド、海外投資に特化した投資助言会社であり、国内独立系の最大手。監査法人トーマツ企業成長率ランキング「Fast500」受賞。関東財務局長(金商)第532号、投資助言業、一般社団法人日本投資顧問業協会 会員番号011-01344  http://abraham-bank.com/
東京都港区虎ノ門5-12-1虎ノ門ワイコービル5F


【アブラハム・グループのサービス】
▼月5万円で、自分年金1億円。海外積立支援サービス
「いつかは ゆかし」
http://itsukaha-yucasee.jp/


▼海外投資コンサルティングサービス
アブラハム・プライベートバンク株式会社(関東財務局長(金商)第532号)
http://abraham-bank.com/


▼世界に挑む個人投資家のための総合サイト
「海外投資新聞」
http://media.yucasee.jp/offshore-news/


▼純金融資産1億円以上の富裕層限定プライベートクラブ
「YUCASEE(ゆかし) 」
http://www.yucasee.jp/


▼マネーからライフまで全ての“最上級”を刺激する総合情報サイト
「YUCASEE MEDIA(ゆかしメディア)」
http://media.yucasee.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング