メルケル首相が賞を授与 ボッシュがドイツで最も「ファミリーフレンドリー」な大企業として評価 従業員に対して模範的な支援を実施

PR TIMES / 2012年5月10日 9時25分



・「ファミリーフレンドリー」は人事方針の戦略的な要素
在宅勤務やパートタイム勤務をベースとした近代的な勤務形態を採用
・「柔軟な勤務形態が全員のメリットにつながる」(クリストフ・キューベル、取締役会メンバー)
・2012年にボッシュが採用する新卒者は約1万3,000人に上る見込み

ベルリン / シュトゥットガルト - ボッシュ・グループは、ドイツで最もファミリーフレンドリーな大企業として名が広く知られています。昨日、「Erfolgsfaktor Familie」(成功要因としての家族: www.erfolgsfaktor-familie.de)コンテストの一環として、アンゲラ・メルケル首相とクリスティーナ・シュレーダー家族・高齢者・女性・青少年相より、ワークライフバランスを模範的手法で推進している企業に賞が授与され、1,000人以上の従業員を擁する「大企業」部門では、ボッシュが最優秀企業として評価されました。3度目の開催となる本コンテストの参加企業は530社を超え、42社が最終選考へ進み、9社が受賞を果たしました。

「受賞した企業は、事業の成功とファミリーフレンドリーな人事方針が問題無く両立できることを見事に証明しています」。こう述べるクリスティーナ・シュレーダー家族・高齢者・女性・青少年相は、さらにこう続けました。「今回の受賞によって、各企業はドイツ経済全体に刺激を与え、その他の企業の模範となるに違いありません」。

■ファミリーフレンドリーであることが全員のメリットにつながる

ボッシュ取締役会メンバーのクリストフ・キューベルはこう述べます。「ボッシュは、従業員が独自の勤務形態を確立するための支援を行っています。例えばパートタイムでの就労、保育施設の設置、在宅勤務の模索など、男女を問わず育児中の従業員たちが仕事と私生活のバランスを図ることができるよう、柔軟な選択肢が用意されています。そしてこれが、従業員、その家族、企業としてのボッシュ、これら全員にとってwin-win(ウィンウィン)の環境になっています」

■管理職が示すモデル

ボッシュは1990年代半ばから柔軟な勤務形態を活用し、ワークライフバランスを実現しています。現在、ボッシュには数百例のパートタイム就労モデルがあり、すべての役職レベルで定着し、4人に1人の女性管理職がパートタイムで勤務しています。さらに、管理職にワークライフバランスについてより強く認識してもらうために、2011年から「MORE」(mindset organization executives:組織管理職の発想転換)プロジェクトが始まりました。約150人の管理職がさまざまな就業モデルを体験するもので、まずは期間限定で在宅勤務やパートタイム就業を行っています。なお、このプロジェクトは、柔軟でファミリーフレンドリーな勤務形態のロールモデルを体験することで、利点を明確にすることと、これまでこの問題を懐疑的に捉えてきた役員からの理解を得るためにスタートしました。

グローバル規模でテクノロジーとサービスを提供する企業であるボッシュは、ドイツ国内の約3,000人を含め、全世界で約1万3,400人の新卒者を本年末までに雇用する予定です。ボッシュの求人情報については、www.bosch-career.comをご覧ください。

■ビデオ:www.erfolgsfaktor-familie.de/default.asp?id=368&d=12

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング