11/26は“いい付録の日” 宝島社の付録つき本、累計7000万部!

PR TIMES / 2013年11月15日 9時35分

日本人の2人に1人が持っている!?

 株式会社宝島社(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:蓮見清一)が発行する「宝島のNo.1グッズ」 シリーズ
は、2013年10月刊行の商品をもって、累計発行部数7,000万部を突破いたします。
グッズが付いた本のシリーズが7000万部を突破するのは、異例のことです。



<11月26日は、“いい付録の日”>
日本出版販売株式会社が、雑誌付録の魅力を幅広い読者に呼び掛けていくことを目的として、11月26日を「いいふろくの日」として提唱しています。

 「宝島のNo.1グッズ」シリーズとは、「Cath Kidson(キャス・キッドソン)」や「LESPORTSAC(レスポートサック)」といった人気ブランドとコラボレーションした「ブランドムック(R)」シリーズ(累計4700万部)と、「スッキリ美顔ローラー」(260万部)をはじめとした美容グッズ、調理器具、健康グッズ、節電対策グッズ、文房具、楽器といった「マルチメディア」シリーズの、モノが主役となる商品のことです。2005年の発売以来、これまでにコラボレーションしたブランド・企業は300社以上、タイトル数は600タイトルを超えています。全国約6万店舗の書店・コンビニエンスストアという身近な場所で、お買い求めやい価格にて購入できるところが、普段は書店に足を運ぶ習慣がない方々にも魅力を感じていただき、多くのお客様にご支持いただいております。また、これまでのマルチメディア 商品のパッケージはA4サイズが主流でしたが、パッケージングの技術がさらに進化したことで、商品に合った パッケージ(大きさ)が可能になり、フラフープやSuicaのトラベルバッグといった、従来のA4サイズに捉われない読者のニーズに合わせた商品が続々と登場しています。

 宝島社は、企業理念である「人と社会を楽しく元気に」のもと、コンテンツメーカーとしてお客様に喜ばれる良質なコンテンツを企画・提供してまいりたいと思います。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング