SIX Financial Information、エクイニクスの東京データセンターを開設、アジア太平洋地域におけるプレゼンスを拡大

PR TIMES / 2012年9月28日 19時7分

他にない充実したグローバル拠点と、拡大を続ける金融コミュニティとの接続性が導入の決め手

東京-2012年9月28日-グローバルのインターコネクションおよびデータセンターサービスを展開する Equinix, Inc.(Nasdaq: EQIX、以下エクイニクス)は本日、ヨーロッパの大手証券取引所を含むSIXの一部門であるSIX Financial Informationがアジア太平洋地域の2つめの拠点として、東京にインフラストラクチャ・ノードを開設したと発表しました。東京の拠点は、2011年に開設されたシンガポールとチューリッヒに続くものとなります。これにより、エクイニクスがサービスを提供する金融市場のトップ市場の1つである東京において、SIX Financial Informationは活発に成長している電子取引コミュニティにアクセスできるようになります。

グローバル金融情報の調達、精緻化、配信サービスでリードするSIX Financial Informationは、東京にあるエクイニクスのTY3 IBX (R)(International Business Exchange(TM))データセンターでビジネスを展開します。TY3はSIX Financial Informationの市場参加者に最高品質のサービスを提供する主要ハブとして機能し、地域をまたがる複雑なトレーディング戦略の実施を可能にします。

Platform Equinix(TM)は高い安全性、可用性、接続性、電力密度を備えたデータセンターであり、アジア太平洋地域の金融サービスの参加者、ネットワーク、クラウドおよびクラウドコンピューティングサービス事業者のエコシステムにつながるアクセス基盤として、SIX Financial Informationの金融コミュニティの参加者へのメリットをもたらします。

SIX Financial Information JapanのマネージングディレクターであるAlain Delfosse氏は、次のように述べています。「Platform Equinixによって、私たちはTY3において成長する金融取引エコシステムに直接接続できます。その大部分は、SIXのお客様やパートナーです。また、エクイニクス内の幅広いネットワークプロバイダーから必要に応じて選択できるため、最適なコストでのネットワークサービス活用が可能です。エクイニクスとの良好な関係を今後も拡大し、お客様に継続的な価値を提供していきたいと願っています」

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング