<クラウド活用型太陽光発電遠隔モニタリングサービスが好評 “エコめがね”> ユーザパネル総量10,000kW突破 ~日本国内の大規模メガソーラーに相当~

PR TIMES / 2013年3月11日 12時11分

株式会社NTTスマイルエナジー(本社:大阪市中央区、代表取締役社長 谷口裕昭、 以下NTTスマイルエナジー)は、太陽光発電遠隔モニタリングサービス“エコめがね”をご利用頂いているユーザのパネル総量が10,000kWを突破いたしましたのでお知らせいたします。



 NTTスマイルエナジーでは2011年11月よりクラウドを活用した新しい形の太陽光発電見える化サービスとして、遠隔モニタリングサービス“エコめがね”を提供しており、提供開始してから16ヶ月でユーザパネル総量10,000kWを達成いたしました。
 一般家庭向けの“エコめがね”の提供に加え、2012年8月以降、「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」(以下、全量買取制度)の施行を受けて全量買取制度向けサービスの提供を開始してきた結果、更にユーザが増加し、累計3,000件を上回るユーザに“エコめがね”を導入頂いています。
 今回達成したパネル容量10,000kWは、日本国内の大規模メガソーラーに相当する発電量となり、約2,800世帯の消費電力量に相当します。
 “エコめがね”は、クラウドサーバにユーザのデータを集約する事で、サービスサイト内にユーザ全体やユーザ個人の発電量がわかる “エコめがね発電所”を設けております。これにより、個人だけではなく“エコめがね”ユーザ全員で発電しているという一体感や楽しさを感じて頂いています。
 今までもNTTスマイルエナジーでは、電力供給が逼迫する日時にトライアル参加ユーザ全員で節電に取り組んで頂くデマンドレスポンスサービストライアル※など、クラウドを活用した新たなサービスの検証を行ってまいりました。
 今後もクラウドのメリットを利用したサービス開発を通じ、笑顔のエネルギー社会の実現へ貢献できるよう、取り組んでまいります。


※2012年5月31日発表
日本初!“家庭向け”デマンドレスポンストライアル 『1kW LOVE』
~電力見える化と家電遠隔制御システムを用いて実施
http://www.nttse.com/info/20120531.html
※2012年10月30日発表
日本初の“家庭向け”デマンドレスポンストライアル『1kW LOVE』
節電量見える化と家電遠隔制御システムの節電効果を実証
~夏のピーク時間帯の節電(ピークカット)に成功~
http://www.nttse.com/info/20121030.html

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング