「放射線安全環境検査証明サービス」を開始- 日本の主要な観光地の放射線量を計測し、日本旅行の安全認証を業界で初めて提供 -

PR TIMES / 2013年3月7日 15時7分



テュフ ラインランド ジャパン株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:ミヒャエル・ユングニッチュ)は、本日、国内の主要な観光地の安全性を証明する「放射線安全環境検査証明サービス」を開始したことを発表しました。

また、日本へのパッケージツアーを主催する旅行会社としては、ドイツ最大の旅行代理店であるJF Tours(本社:ゾーリンゲン)の依頼を受け、外国人に特に人気の高い日本の観光地について放射線物質の状況調査を行い、JF Toursには第一号となる「放射線安全環境検査証明」を発行したこともあわせて発表しました。

【放射線安全環境検査証明ならびにJF Toursの第一号認証について】

2011年3月11日に福島地域で発生した地震と原発事故により、日本の観光業界は大きなダメージを受けました。2年経った今なお、その影響は顕著で、JTB総合研究所によると2012年のヨーロッパから日本への旅行者数は、震災前の予約者数の約4分の3にとどまっています。また、下落率が現在も5割を上回る旅行会社もあります。

テュフ ラインランドは数十年にわたって放射線防護の分野に関わっており、その専門家は、チェルノブイリ原発事故後のプロジェクトなど、幅広い活動に基づく豊富な経験を備えています。また、本格的な試験所と高感度の携帯放射線検出器を整備した第三者認証機関として、国際的な安全基準に則った放射線防御のための測定を実施しています。

「放射線安全環境検査証明サービス」は、この経験を基にテュフ ラインランドが測定を行い、海外からの旅行者にさらなる透明性と安全性を提供することを目的としたサービスです。東京から日光にかけての大都市圏をはじめ、富士箱根国立公園、名古屋、大阪・京都の大都市圏、宮島がある広島、九州の各人気観光地などの安全性を証明するもので、2013年の春には、日本アルプス地域にも検査を広げていく予定です。なお、「放射線安全環境検査証明」の有効期間は1年間です。

「放射線安全環境検査証明」の第一号認証となるJF Toursは、Dertour、FTI Touristik、Meier’s Weltreisen、Thomas Cook、Berge & Meerなど、有名な旅行会社各社が扱っていますが、調査の結果、JF Toursが提供する日本の観光地へのツアーは安全であると判断されました。

震災以降、日本各地での放射線量の測定を行なってきたテュフ ラインランドのDr.イェンツ・ウヴェ・シュモーラックは次の通り述べています。
「今回、日本の35ヵ所以上の観光地で、放射性物質濃度と放射線被曝量の分析を行いました。また各観光地までの旅行経路も放射線測定の対象に含まれています。分析の結果、汚染の可能性があると考えられていたこれらの地域で、放射線被曝の恐れはないと判断しました。この結果に基づき、JF Toursが提供する観光コースには、テュフ ラインランドの『放射線安全環境検査証明』が与えられることになりました」。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング