マピオン×商店街モバイルスタンプラリー4週間の動員数がのべ10万人を突破 O2O型プロモーションの成功事例に!

PR TIMES / 2013年2月14日 17時22分

ケータイ国盗り合戦 墨田区商店街連合会 港区商店街連合会 コラボイベント~ 2013年1月17日(木)~2月18日(月)、ケータイ国盗り合戦「2大タワーを取り戻せ!」 イベント好評実施中~

株式会社マピオン(東京都港区、代表取締役社長 佐藤孝也)は、東京都の墨田区商店街連合会(会長 山田昇)と港区商店街連合会(会長 須永達雄)のタイアップキャンペーンイベント『ケータイ国盗り合戦 2大タワーを取り戻せ!』 (1月17日~2月18日)を開催中です。同イベントは、マピオンが運営するモバイルゲーム「ケータイ国盗り合戦」と、参加商店街の各店舗の販促プロモーションを結びつけたものです。イベント開始以来、現在までの4週間で、のべ10万人を越える参加者を動員し、企画に参画いただいている商店連合会、および店舗からも好評の声を頂いております。



近年、企業のマーケティング活動において、オンライン上でのコミュニケーションを、店頭への購買行動に結びつけていくO2O(Online to Offline)の可能性が非常に注目を集めています。同イベントは、商店街がO2O施策により大規模な集客を生み出した事例ともいえます。


 『2大タワーを取り戻せ!』は、ユーザーが、「ケータイ国盗り合戦」をプレイしながら、港区・墨田区の全57スポットをスタンプラリー形式で周遊できる行動型モバイルゲームです。商店街(対象店舗数は全431店)でお買い物をすると、「ケータイ国盗り合戦」限定リアルカード『くにふだ』がもらえる仕組みなどにより、利用者がゲームを楽しみながらその街の面白さを再発見出来るのが特徴です。
 本イベントは、墨田区と港区のそれぞれの商店街集客を活性化させる事を目的に、各商店街連合会が主体となって企画されました。その結果、両区それぞれのシンボルタワーである東京スカイツリーと東京タワーをモチーフにした内容のイベントとなりました。
 イベント開催から3週間が経ち、予想以上の集客状況に参加商店から多くの反響の声が寄せられ始めました。
 墨田区商店街連合会会長 山田昇氏には、「今回はこれまでの商店街連合会が企画したイベントと異なり、業種問わず、区の広域隅々まで集客ができる仕組みで、地域全体の活性化につながっている」との声をいただいています。 
 また当初は、ゲームの予備知識がなく、集客効果に対して半信半疑でイベント参加をされていた各商店の方々も、入店者数の増加や国盗り合戦ユーザーとの会話の中で本イベントの効果を実感され、本来定休日である土日にお店を開けるなど積極的に参加されています。
 今回は、墨田区と港区で効果を実感された店舗オーナーの方々のコメントをご紹介します。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング