宇多田ヒカル ソングカバー・アルバム「宇多田ヒカルのうた」 プロモーション企画で、アララのARアプリ「ARAPPLI」を採用

PR TIMES / 2014年12月9日 14時2分

~スマホをかざすとオリジナル宇多田イラストが動き出す~

AR技術をベースにスマートフォン事業を手掛けるアララ株式会社(レピカグループ、本社:東京都港区、代表取締役社長:岩井陽介 以下アララ)は、ユニバーサル ミュージック合同会社 (本社:東京都港区、社長兼最高経営責任者:藤倉尚 以下ユニバーサル ミュージック)が2014年12 月9日(火)に発売する宇多田ヒカルのソングカバー・アルバム「宇多田ヒカルのうた」のプロモーションにおいて、アララの提供するスマートフォン向けARプラットフォームアプリ「ARAPPLI(アラプリ)」が採用されたことを発表いたします。



「宇多田ヒカルのうた」は、自らがソングライターとして第一線で活躍しているアーティストに限定し、自由に宇多田ヒカルの楽曲を表現してもらおうというコンセプトのもとに企画されたソングカバー・アルバムです。井上陽水や浜崎あゆみ、AIをはじめ、個性あふれるミュージシャン13組が楽曲を、さらにイラストレーターや写真家など12組のアーティストが作品を提供しています。


今回、そのひとつとして、キタイシンイチロウ氏(DEVILROBOTS)とコラボしたAR企画にARプラットフォームアプリ「ARAPPLI」が採用されました。CDジャケット、もしくは公式HP掲載のイラスト(http://www.utadahikaru.jp/15th/creator_detail03.html)に「ARAPPLI」を起動したスマートフォンをかざすと、宇多田ヒカルをモチーフにしたCGキャラクターが、宇多田ヒカルの曲「Automatic」に合わせて動き出します。

イラストを提供するキタイシンイチロウ氏は、「トーフ親子」をはじめ、数々の有名キャラクターやデザインを手がけているグラフィックアーティスト。今回の作品は、「Automatic」のプロモーションビデオのイメージをそのままに、オリジナルキャラクター「トーフ」と宇多田ヒカルをMIXさせたかわいらしいイラストとなっています。なお、本コンテンツの提供は、2015年2月28日(土)までの期間限定となります。

【ARコンテンツの楽しみ方】
1)「App Store」もしくは「Google Play」から無料アプリ「ARAPPLI(アラプリ)」をダウンロード
2)「ARAPPLI」を起動し、CDジャケット、もしくは公式HP掲載のイラストにスマホをかざします
3) スキャンが成功すると、宇多田ヒカルさんをモチーフにしたCGキャラクターが、「Automatic」に合わせて動き出します

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング