サーバーワークス、AWSの運用自動化サービスCloud Automatorを提供開始

PR TIMES / 2014年7月17日 9時50分

株式会社サーバーワークス(本社:東京都新宿区 代表取締役:大石 良 以下、サーバーワークス)は、アマゾン ウェブ サービス(以下、AWS)の運用を自動化するサービス、Cloud Automator (クラウドオートメーター) の提供を2014年7月17日(木)より開始いたします。

◆「Cloud Automator」を提供する背景

昨今、多くの企業でAWSクラウドの理解が進みつつあり、様々なシナリオでAWSを活用する流れが進んでおります。そうした中で、プログラムから操作できるというAWSの特性を活かし、運用を自動化したい、運用コストを削減したいというニーズが高まりを見せておりました。当社では、200社超のAWS導入実績に基づく運用ノウハウを元に、AWSの運用自動化を実現するサービスを提供することで、AWS導入企業のTCO削減や運用品質の向上に貢献することを目指しています。

◆ Cloud Automatorの機能

・ 指定されたトリガーを元に、各種アクションを実行させることができます。
・ トリガーにはタイマー(日時指定)、SQSキューが指定できます。また、今後はメール受信、HTTPリクエストなどをトリガーとして指定できるようにする予定です(今秋予定)。
・ アクションには、EBSボリュームのスナップショット取得やインスタンスの起動・停止、AMIイメージの作成、そしてディザスタリカバリーなどが選択できます。

◆ Cloud Automatorの特長・メリット

1. 実運用の経験に基づいた多彩なアクション
200社を超えるAWS導入実績を持つ当社が、実環境で経験してきた様々な運用業務を「アクション」として実装しています。このため、AWSの運用を自動化しやすく、効果的な運用負荷の軽減や運用コストの削減が期待できます。

2. 外部サービスと連携可能

トリガーとしてAmazon SQSを利用できるだけでなく、ジョブの実行結果をメールやSQSのキューで返すことができます。これにより、高度な運用自動化ツール(RBA)などと組み合わせてAWSの運用を自動化することが可能になります。
3. 高度なディザスタリカバリーも実現可能

Cloud Automatorが提供するアクションに、リージョンをまたいでシステム(Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2)インスタンスとそのメタデータ)をリカバリーする “ディザスタリカバリー” を用意しました(Enterprise)。これにより、特定のリージョンで障害がおきた場合などに、別リージョンで自動的にシステムを復旧させることができるため、AWSにおける自動ディザスタリカバリーを実現することができます。
総合商社の丸紅株式会社様は、ローンチカスタマーとしてCloud Automatorをご利用頂いており、本機能を用いてシステム一式をDRサイトに復旧できる体制を整えていらっしゃいます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング