クラウドソーシングサービスのパイオニア リアルワールド  国内初 クラウドソーシング「CROWD(クラウド)」でオープン化プログラムを開始

PR TIMES / 2013年6月3日 13時50分

~パートナー企業に各リソース(ワーカー、作業案件、ポイントシステム)を解放~



 株式会社リアルワールド(本社:東京都渋谷区 代表取締役:菊池誠晃 以下、リアルワールド)は、国内最大規模※1の会員数を誇るクラウドソーシング※2サービス「CROWD(クラウド) URL:http://www.realworld.jp/crowd/client/」内のリソースを、パートナー企業に対して外部提供する、オープン化プログラムを2013年6月3日に開始いたしました。


 本プログラムは参加パートナー様の特性に応じ、クラウドソーシングを実施する上で必要なリソース(ワーカーリソース、作業案件、ポイントシステムなど)を、APIによるシステム連携を図ることで提供いたします。特にワーカーリソースは、今後リアルワールド会員800万人にも解放することで国内最大規模のリソースとしての展開を予定しております。


■クラウドソーシングオープン化プログラムの開始背景
 近年、クラウドソーシング市場が盛り上がりをみせ、クラウドソーシングという言葉やその概念が一般に広く浸透してきています。当社では、2008年より日本市場でいち早くクラウドソーシングサービス「CROWD」の事業化に着手。国内最大規模のクラウドソーシングワーカー会員数を保有するまでに成長し、クラウドソーシングのノウハウを蓄積してきました。市場が注目を集める今、クラウドソーシング市場のさらなる拡大に寄与することを目的として、当社クラウドソーシングのリソース・ノウハウを外部パートナーに広く開放するオープン化プログラムの開始に至りました。


■オープン化プログラムの内容
 ワーカーリソースパワーアッププログラム、CROWDスタートアッププログラム、セールスパートナープログラムと3つのオープン化プログラムを提供いたします。

≪1.ワーカーリソースパワーアッププログラム≫(BPO企業様向けプログラム)
 パートナーの作業案件を弊社ワーカーで代行するプログラム。CROWDの「ワーカーリソース」を提供します。37万人の固定費の掛らない弊社ワーカーを活用することで、今まで自社ワーカーのみでは間に合わなかった作業を安価に完了させることができます。同プログラムを導入することで、これまでシステム化の出来なかった作業や、日本語能力が必要で海外(オフショア)などへの委託が難しかった作業なども安価に、短期間で納品可能となります。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング