【日本の世界遺産に関するアンケート調査】国内の世界遺産の訪問経験者は8割強。今後訪れたい世界遺産は「屋久島」が最多、次いで「知床」。認知率では「富士山」がトップ

PR TIMES / 2013年8月30日 9時16分

■世界遺産登録先の認知率は「富士山」が8割。その他「原爆ドーム」「屋久島」「厳島神社」「知床」などが各6~7割にのぼる

■日本国内の世界遺産訪問経験者は全体の8割強。世界遺産登録がきっかけで訪問したところがある人は2割弱。今後訪問したい世界遺産は「屋久島」が最も多く、「知床」「小笠原諸島」「厳島神社」が続く



マイボイスコム株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:高井和久)は、『日本の世界遺産』に関してインターネット調査を実施し、2013年8月1日~5日に10,046件の回答を集めました。第2回目の調査結果をお知らせします。
【調査結果】 http://www.myvoice.co.jp/biz/surveys/18115/


◆世界遺産への関心度、世界遺産に対する態度・行動
 世界遺産に関心がある人は52.1%です。関東居住者でやや多くなっています。関心がない人は、男性は20・30代、女性は若年層ほど多い傾向です。世界遺産への登録で、「観光客増加による環境悪化等が心配」「地域活性化につながる」と思う人が各2~3割です。


◆世界遺産登録先の認知
 世界遺産に登録されていることの認知率は「富士山―信仰の対象と芸術の源泉」が80.0%です。その他「原爆ドーム」「屋久島」「厳島神社」「知床」などが各6~7割にのぼります。2007年調査時に比べ「日光の社寺」「古都京都の文化財」「古都奈良の文化財」などが大きく増えています。北海道では「知床」、中国・四国では「原爆ドーム」の認知率が最も多くなっています。


◆国内で訪問したことがある世界遺産、今後訪れたい世界遺産
 いずれかの世界遺産訪問経験者は全体の8割強、認知者の9割弱です。世界遺産認知者のうち、訪問経験上位は「古都京都の文化財」「古都奈良の文化財」「原爆ドーム」「日光の社寺」「法隆寺地域の仏教建造物」「厳島神社」などで、各4~5割となっています。地域別にみると、北海道は「知床」、東北は「平泉」、関東は「日光の社寺」、北陸・中部・近畿は「古都京都の文化財」、中国・四国・九州は「原爆ドーム」が1位です。
 世界遺産登録がきっかけで訪問したところがある人は全体の2割弱、「厳島神社」「白川郷・五箇山の合掌造り集落」「古都京都の文化財」などが上位で、いずれも3%以下です。


 今後訪問したい世界遺産は「屋久島」(42.8%)が最も多く、「知床」「小笠原諸島」「厳島神社」が各2~3割で続きます。10・20代では「原爆ドーム」がやや多くなっています。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング