レストランシアター「浅草六区ゆめまち劇場」 にて「浅草映画セレクション」を上映!!

PR TIMES / 2014年7月18日 16時42分

日本初の常設映画館が開館した、日本の映画館発祥の地「浅草六区」から浅草にまつわる映画をお届け



日本初の常設映画館が開館した、日本の映画館発祥の地「浅草六区」から浅草にまつわる映画をお届け
レストランシアター「浅草六区ゆめまち劇場」 にて「浅草映画セレクション」を上映!!

------------------------------------------------------------------
■ 「浅草映画セレクション」とは?
------------------------------------------------------------------
「浅草六区再生プロジェクト~For the future of the “Rock”~」の一環として誕生した、レストランシアター「浅草六区ゆめまち劇場」では、「浅草映画セレクション」と題し、浅草に関係している映画を、毎月タイトルを厳選しデジタル上映することで、浅草六区に再び銀幕の灯をともします。

浅草六区は、1903年(明治36年)に日本初の常設映画館「電気館」が建設された日本の映画館発祥の地です。当時、映画、演劇は娯楽の中心となり、浅草六区は活況を呈していましたが、テレビの台頭と趣味の多様化によって、劇場は次々と閉館。一昨年の10月には、六区に最後まで残っていた「浅草名画座」「浅草中映劇場」「浅草新劇場」も閉館し、映画館発祥の地から銀幕の灯が消えてしまいました。

映像技術が格段に進歩した現在ですが、銀幕に対して特別な思い入れを持つ愛好者は少なくありません。それは、単なる懐古趣味では無く、迫力あるスクリーンで鑑賞する映画には特別の魅力と影響力があるためです。

浅草を舞台に繰り広げる物語を、浅草のスクリーンを通して、往年の俳優たちと共に同じ空気を吸いながら、彼らと共に喜怒哀楽を楽しんでいただきたい、と考えております。

------------------------------------------------------------------
■ 「浅草映画セレクション」上映スケジュール
------------------------------------------------------------------
○7月上映タイトル「異人たちとの夏」 昭和63(1988)年 松竹
監督:大林宣彦
出演:風間杜夫・片岡鶴太郎・秋吉久美子 他
チケット:全席自由席 1,000円(税込・1ドリンク付き)
 ※開場時間の9時30分より会場にてチケット発売
 ※年齢制限:なし(チケットはお一人様1枚必要となります)
日時:7月8日(火)・9日(水) ・10日(木) ・ 11日(金) ・13日(日) ・15日(火) ・16日(水) ・17日(木) ・18日(金) ・19日(土)・20日(日)・21日(月・祝)・23日(水)・24日(木)・25日(金)・27日(日)・29日(火)・30日(水)
 全日程10時上映開始 ※上映スケジュールは変更になる可能性がございます。予めご了承下さいませ。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング