12月6日より新たに2つの中国語新gTLD取得申請受付を開始

PR TIMES / 2013年12月6日 19時40分

中国語の新gTLD「.在线」「.中文网」の優先登録期間スタート発表を受け、いち早く申請手続きに対応いたします。

商標・ドメインの取得・管理、ブランドの不正利用監視などを行う株式会社ブライツコンサルティング(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中川光昭)は12 月6日、新gTLDサポートサービスの取り組みとして、2014年1月7日より受付開始となる2つの中国語新gTLD取得申請の受付を開始しました。

中国語新gTLD「.在线」「.中文网」は、それぞれ「.online」オンライン、「.chinesewebsite」中国語ウエブサイト、という意味の中国語ドメインです。


<商標権者向けの優先登録期間 - Sunrise Period> 2014年1月17日から2014年3月17日まで
1. 登録者はTrademark Clearinghouse(TMCH)で登録された中国語商標と完全一致しているドメインネームのみを登録申請することができます。
2. 1つのドメインネームに複数の登録希望者が申請した場合、登録者は入札(オークション式)で決定されます。


<先願登録期間 - Landrush Period>  2014年3月20日から2014年4月24日まで
1. 登録者に関する制限事項はありません。
2. 1つのドメインネームに複数の登録希望者が申請した場合、登録者は入札(オークション式)で決定されます。


<一般登録期間 - General Availability Period> 2014年4月28日から
1. 登録者に関する制限事項はありません。
2. 請受付は“First Come, First Served”(=早いもの勝ちの先願登録)です。

商標権者向けの優先登録期間終了後、先願登録期間と一般登録期間の開始が予定されています。登録可能なドメインネームは中国語に限られています。


---ドメインを積極的に取得するメリット---
● 効果的なWebプロモーション ● ブランドや商標の保護 ● 第三者による不正取得の防止
● 顧客や取引先がオフィシャルサイトと誤認・混同をする危険性の排除


ブライツコンサルティングの新gTLDサポートチームでは、2007年以降プロジェクトの包括的なリサーチに取り組んでおります。パートナーとの提携をもとにレジストリ機能も提供する他、申請のサポートから申請後の管理業務など総合的な支援を行う等、知的財産保護コンサルティングのプロとして、質の高い真摯なサービスを末永く提供して参ります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング