年齢を重ねても衰えない、中高年世代の“身だしなみ”への意識

PR TIMES / 2014年5月22日 11時26分

「中高年世代の身だしなみ調査」

株式会社ワコールは、『cocoros(ココロス)<女性心理と下着との関係を社会科学的な手法で調査研究するプロジェクト>(※)』にて、ミドル層から高齢者(55歳~74歳)を対象に「中高年世代における身だしなみに関する調査」を実施しました。
本調査より、中高年世代は全体として“身だしなみ”への配慮を怠らない人が多く、そうした意識は年齢が高くなっても衰えることはないことが判明しました。“生涯現役”時代とよばれる現代において、“身だしなみ”は、“豊かな人生の第二幕”を生きるための鍵であり、社会との関係性や外部とのコミュニティを維持するうえでの重要な役割を果たしていることもわかりました。
ココロスホームページアドレス http://www.cocoros.jp/

【調査概要】調査期間:2013年10月25日(金)~27日(日) 調査方法:インターネット調査 
調査対象:55歳~74歳、首都圏在住の男女1,218人




「中高年世代の身だしなみ調査」の主な調査結果
中高年世代は、全体として“身だしなみ”への配慮を怠らない人が多く、そうした意識は年齢が高くなっても衰えることはない。

■男女ともに、年齢を重ねても、普段の外出での“身だしなみ”への配慮は衰えない傾向

・“身だしなみ”への配慮は年齢とともに低下することはなく、衰えない。
・ラフな服装での外出は控えるといった回答の割合も、年齢が高いほど増加。
・女性のほうが、「若く見られたい」「常にオシャレな人でいたい」を強く意識。

■女性の8割は、ゴミ出しや新聞を取りに行くときでも、“身だしなみ”を意識

・女性の8割がゴミ出しや宅配便の受領においても、セーターなどの“普段着”を着用。
・スウェットなど“部屋着”でのゴミだしは、男性の6割に対し、女性は4割のみが可能と回答。
・約8割の女性が、コンビニはスウェットなど“部屋着”では行かないと回答。

■女性が、外出時に男性の身だしなみで意識するポイントは、“服装”

・電車での外出時、同世代の中高年男性へ配慮してほしいのは、“口臭”や“体臭”。
・女性が外出時、中高年男性へ配慮してほしいと要望するのは、“服装”。
・男女とも外出時に中高年女性に配慮してほしいのは、「香水」や「ヘアスプレー」などの匂い。

■7割の男性が“身だしなみ”のために下着をきちんとしている

・女性の8割に対し、男性でも7割が“身だしなみ”を考えると、下着もきちんとしたいと回答。
・女性と同様、「洋服からのぞかないようにする」など他者から見えないようにする意識が高い。
・“洋服に汗じみしにくい下着を選ぶ”など男性の下着への意識は年代が高いほど強い。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング