「夏休みの宿題の進め方」について 約半数の医師は、余裕をもって仕上げていた

PR TIMES / 2014年8月26日 16時31分

-MedPeer会員医師へのアンケート調査-

医師7万人以上が参加する医師専用サイト「MedPeer」(メドピア、https://medpeer.jp)を運営するメドピア株式会社は、会員医師を対象に「夏休みの宿題の進め方」についてのアンケートを実施し、以下のとおり結果を取りまとめました。



医師専門サイトMedPeer調査結果:「夏休みの宿題の進め方」について(総回答:3,735人)


サマリー:
■ 医師専門サイトMedPeer(メドピア)に登録する医師(70,000人以上)を対象に「小学生の頃、夏休みの宿題はどのように進めていましたか」という質問をしたところ、3,735件の回答が寄せられた。
■ 最も多かった回答は、「計画は立てなかったが、夏休み中に余裕をもって完了した」であり、全体の31.7%であった。「計画を立てて、夏休み中に余裕をもって完了した」の19.7%と合わせると、約半数が余裕をもって夏休みの宿題を完了していた。いずれの回答も、7月中など、夏休みの初めに終わらせていたという回答が多かった。
■「計画を立てず、最後に慌てて仕上げた」は21.8%、「計画を立てたが頓挫し、最後に慌てて仕上げた」は20.1%だった。時間がかかる自由研究、絵日記、読書感想文、図画工作などには特に苦労したようで、「苦手な科目が遅れてしまう」「夏休みの初めと最後1週間に頑張っていた」というコメントがあった。

▼総合結果


回答コメント(回答一部を抜粋)

「計画は立てなかったが、夏休み中に余裕をもって完了した」  1,184件
・最初の一週間に日記以外は終わらせました。(50代、脳神経外科)
・夏休みが始まる前から取りかかり、出来るものは最初のうちに終わらせて、残りは遊びまくっていた記憶があります。ただし、日記をつけ忘れているのが常で、それには苦労しました。(40代、整形外科・スポーツ医学)
・7月中に凡そ仕上げておいた。残りの長い夏休みは自主勉を大事にした。(40代、循環器内科)
・早めに済ませて、水泳教室に通っていた。進学塾に通っていた同級生は、夏休みに入る前にすべて済ませたと言っていた。(50代、精神科)
・特別な計画は一切立てず、出来る限り早く終わらせてしまうようにしていました。(30代、一般内科)
・学校からの課題は、終業式の日に終わらせていました。あと、塾の宿題は日々のルーチンワークなので。(40代、耳鼻咽喉科)
・とにかく持って帰った日から可能な限り早く終わらせるように、夏休み初めの数日は朝から晩まで缶詰で宿題をしました。(40代、腎臓内科・透析)

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング