中部テレコミュニケーションの「Oracle E-Business Suite」R12へのアップグレードを支援

PR TIMES / 2014年11月10日 12時49分

~利便性と柔軟性の高い会計システムを構築し、経理業務の短縮を実現~

ITホールディングスグループのTIS株式会社(本社:東京都新宿区西新宿、代表取締役会長兼社長:桑野 徹、以下 TIS)と、日本オラクル株式会社(本社:東京都港区北青山、代表執行役社長 兼 CEO:杉原 博茂、以下 日本オラクル)は、中部5県で通信サービスを提供する通信事業者の中部テレコミュニケーション株式会社(本社:愛知県名古屋市中区、代表取締役社長:湯淺 英雄、以下 中部テレコミュニケーション)の会計業務システムの「Oracle E-Business Suite」R12へのアップグレードプロジェクトを支援したことを発表します。

 中部テレコミュニケーションでは、会計業務を支えてきた旧バージョンの「Oracle E-Business Suite」が運用開始から5年経過し、決算早期化への機能対応などが課題となっていました。そこで、2013年のハードウェア保守切れを契機とした会計業務システムの再構築を決定しました。

 システム再構築では、現行の管理会計業務に対して機能的な変更がないことを前提とし、“業務ユーザーの利便性と満足度向上”“業務の効率化とスピード・品質の向上”“他システムとの連携強化”などが検討のポイントとなりました。その結果、中部テレコミュニケーションは、高い機能性や柔軟性を持ち、既存資産も有効活用できる点を評価して、要件を満たす「Oracle E-Business Suite」R12へのアップグレードを決断しました。また、売上情報、人事給与情報の自動仕訳による仕訳伝票発行、入力業務の効率化、伝票起票作業削減などのさらなる業務効率化や、将来のIFRSへの対応を見据え、複数元帳と複数会計基準の仕訳生成エンジンである「Oracle Financial Accounting Hub」(FAH)も合わせて導入しました。

 今回のアップグレードプロジェクトでは、会計業務システムの刷新と並行して、異なるベンダーによる購買システムなどの連携するシステムの新規構築が同時進行したため、この一連のプロジェクト全体のマネジメント支援を行うPMO(Project Management Office)の設置が必要不可欠でした。そこで、中部テレコミュニケーションは、大規模なシステムインテグレーション・プロジェクトに関する多くの経験から蓄積されたプロジェクト管理手法や管理ツール持ち、さらに「Oracle E-Business Suite」R12の導入やアップグレード実績が豊富なTISを、会計業務システムの刷新のインテグレーターおよび、一連のプロジェクトの全体管理を担当するPMOとして選定しました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング