TRAILS(トレイルズ)のZINE-IN THE TRAIL TODAY #02|長旅をあきらめていた人のための、2週間で行く『SECTION HIKING』world trail編をリリース!

PR TIMES / 2018年7月11日 10時1分

トレイルカルチャーウェブマガジン「TRAILS」はコチラ ( http://thetrailsmag.com/archives/15125)



[画像1: https://prtimes.jp/i/12350/7/resize/d12350-7-735845-0.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/12350/7/resize/d12350-7-400826-1.jpg ]

トレイルで遊ぶことに魅せられたピュアなトレイルズたちの日常の中で発生した、 “ 些細でリアルなトレイルカルチャー ” を発信するハンドメイドのコミュニケーションツール『ZINE – IN THE TRAIL TODAY』。

ZINE – IN THE TRAIL TODAY #02は『SECTION HIKING』。1ヶ月あるいは半年~1年におよぶ長旅をあきらめていた人たちにも、ロングディスタンスハイキングの世界の扉は開かれています。セクションハイキングという旅の視点を得ることによって、たくさんの人にロングディスタンスハイキングの旅に出かけてほしい。そんな思いで、さまざまなハイカーから世界各地のセクションハイキングのアイディアを集め、それを詰め込んだ一冊のZINEをつくりました。

#01では、ロングディスタンスハイキングのカルチャーをつくる『TRAIL ANGEL』について、TRAILS Crewの根津が、自らの命の恩人への感謝を綴ってくれました。#02『SECTION HIKING』は、ロングディスタンスハイキングのカルチャーを形づくる旅の方法について書かれたものです。より多くのハイカーが、素晴らしきTRAIL LIFEを体験できますように!

[画像3: https://prtimes.jp/i/12350/7/resize/d12350-7-268189-2.jpg ]




長旅を諦めていた人にも、ロングディスタンスハイキングの扉は開かれている



トレイルズ編集部のメンバーもみんな会社勤めをしていた時代があり、働きながら1~2週間の休みを工面しては、憧れていた世界各地のロングトレイルを、セクションハイキングで旅していました。そんなことを実践していた自分たちだからこそ、1ヶ月あるいは半年~1年におよぶ長旅をあきらめていた人にも、ロングディスタンスハイキングの世界の扉は開かれている、ということをもっと伝えたいという思いをもっていました。


[画像4: https://prtimes.jp/i/12350/7/resize/d12350-7-719185-3.jpg ]

スルーハイキングが、ロングトレイルの全区間を一度に通して歩くことを指すのに対して、そのトレイルの一区間を歩くことをSection HikingまたはSectional Hiking(区間ハイキング)といいます(長谷川晋 著/トレイルズ 発行・編集『LONG DISTANCE HIKING』p52参照)。セクションハイキングならば、自分の休みの長さに合わせて、ロングトレイルを旅することができます。どこからどこまで歩くかも、どれくらいの期間歩くかも、どの季節に歩くかも、自分で決めることができます。

[画像5: https://prtimes.jp/i/12350/7/resize/d12350-7-366479-4.jpg ]



2週間で行く、世界各地のセクションハイキングのアイディアを詰め込みました



[画像6: https://prtimes.jp/i/12350/7/resize/d12350-7-239098-5.jpg ]

しかしセクションハイキングの情報は、一般にはそれほど充実しているわけではありません。どこのセクションにどんな個性があるのか。途中からトレイルにIN/OUTするのにどんなアクセス方法があるのか。1~2週間の休みで行ける距離ってどのくらなのか。こういった情報には調べるのは、かなり骨が折れる作業です。

そこでこのZINEを作成するにあたり、実際にそのトレイルを歩いたハイカーたちに、「1~2週間くらいで歩くならば、どこがベストか?」という質問をして、とっておきのセクションハイキングの情報を集めました。このZINEにあるのは、旅のスイッチを入れるための必要最低限の情報です。旅行ガイドブックのような正確で詳細な情報はありません。ハイカーが書いたトレイルの魅力と、大雑把な旅の日数、予算、アクセス方法しかありません。しかしこういったきっかけをつくる情報こそ、憧れのトレイルへ旅する心を刺激してくれるものだと思います。

[画像7: https://prtimes.jp/i/12350/7/resize/d12350-7-601441-6.jpg ]

<Contents>
#01 パシフィック・クレスト・トレイル(PCT): 南カリフォルニア(US)
#02 パシフィック・クレスト・トレイル(PCT): シエラネバダ(US)
#03 アパラチアン・トレイル(AT): 100マイル・ウィツダネス(US)
#04 コンチネンタル・ディバイド・トレイル(CDT): コロラドトレイル(US)
#05 テ・アラロラ: 北島(ニュージーランド)
#06 カミーノ・デ・サンティアゴ: フランス人の道(スペイン)
#07 北極圏トレイル: パジェランタ(北欧ラップランド)
#08 グレート・ヒマラヤ・トレイル(GHT): タマンヘリテイジ(ネパール)

このZINEには、アメリカの3大ロングトレイルをはじめ、ニュージーランド、スペイン、北欧ラップランド、ヒマラヤなど、世界中のロングトレイルを詰め込みました。いずれのトレイルも1~2週間のセクションハイキングをするという方法にフォーカスした旅の情報を載せています。このZINEを手にとって、「お、これなら、あの憧れのトレイルを旅できるぞ!」と思ってもらえると本望です。

[画像8: https://prtimes.jp/i/12350/7/resize/d12350-7-442696-7.jpg ]



さあ、憧れのあのトレイルを、SECTION HIKINGで旅をしよう!

ロングディスタンスハイキングは、あくまでハイキングです。旅が好きで、自然のなかで過ごすことを愛する人たちであれば、誰でもチャレンジできる旅のスタイルです。身体を鍛え上げたフィジカル・エリートのものではありません。セクションハイキングという方法がひとつのきっかけとなり、よく多くのハイカーが、世界中のロングディスタンスハイキングのカルチャーに触れることができればと思っています。

[画像9: https://prtimes.jp/i/12350/7/resize/d12350-7-400826-1.jpg ]

■ Contents ~ ZINEについて ~
書名:SECTION HIKING
発行:TRAILS
価格:1,296円(税込み)
ページ数:40ページ
判型:B5判(18.2cm ×25.7cm)

■ Store ~ お買い求め先 ~
TRAILS STORE: http://thetrailsmag.com/store

■TRAILS編集部
E-Mail:info@trails.co.jp
製品のご購入(お取り扱い)、イベント(講演)、その他ご質問などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング