二日酔いは、もしかしたらメタノールが原因かもしれません。特許申請中の新技術によりメタノールゼロのテキーラ「ポルフィディオ」を飲む会

PR TIMES / 2018年3月16日 10時1分

3/20 渋谷のメキシカンバルCasa De SarasaにてTequila Tuesday開催決定。

【Tequila Tuesday feat. Porfidio】
4/10 (Tues) @ Casa De Sarasa
18:00-1:00
*先着で50名の方に、ポルフィディオコースターもプレゼントさせていただきます。

Casa De Sarasa
〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2-25-5 島田ビル2F
03-5428-6155



今、数々のメディアで取り上げられ、大注目されているのテキーラ。そんなテキーラを月に1回集まり、語り合うテキーラの社交場「Tequila Tuesday」。次回は3月20日です。



[画像1: https://prtimes.jp/i/25732/7/resize/d25732-7-346317-7.jpg ]



第6回目となる今回のテーマは、サボテン細工ボトルで有名なアガベスピリッツ「ポルフィディオ」。

[画像2: https://prtimes.jp/i/25732/7/resize/d25732-7-744019-2.jpg ]



革新的なブランドのポルフィディオは、あえてテキーラ等の規制にとらわれず、
アガベスピリッツというジャンルで画期的な商品を生み出しています。

今回は、3月にリリースされた海上熟成・メタノールゼロ!の新商品
「ポルフィディオクエルカス」の発売を記念して、皆様にいち早くお披露目します。
気になるボトルはこちら!
[画像3: https://prtimes.jp/i/25732/7/resize/d25732-7-679245-10.jpg ]



クエルカスは、5ヶ月熟成のレポサドになりますが、特にレポサドとは表記をしていません。

ペンシルベニアのニューワールド高級ワインで使われている新樽の小樽を使用し、
なんと海の上で熟成!!

船に積まれた樽は、3つの気候ゾーンをまたぎながら、
ゆっくり世界中の波に揺られ熟成された今回のスペシャルシリーズが誕生しました。
特許申請中の新技術によりメタノールゼロ!!

★メタノールとは★
二日酔いは、もしかしたらメタノールが原因かもしれません。
メタノールは通常のアルコール(=エタノール)と一緒に血液内に吸収されますが、
エタノールと比較すると肝臓での処理に非常に多くの時間を要します。
肝臓はメタノールの分解を行なっている間はエタノールの分解を後回しにしてしまいます。
その結果、メタノールが最後まで体内に残りいつまでもアルコールが抜けずいわゆる二日酔いの
症状である身体疲労、だるさが残ってしまうのです。
また、メタノールは肝臓で分解される時にホルムアルデヒド、ギ酸、二酸化炭素へと分解され、
これら有害物質はめまい、頭痛、腹痛、吐き気、背中の痛みなどの原因となります。

ぜひ、一度お試しください。
もちろん、通常のポルフィディオも飲めます。
[画像4: https://prtimes.jp/i/25732/7/resize/d25732-7-646816-8.jpg ]


その他に、ポルフィディオのドルチェリキュールと
毎度お馴染みフタバフルーツさんのフレッシュフルーツを使った2種の
パンチカクテルをご用意いたします!
[画像5: https://prtimes.jp/i/25732/7/resize/d25732-7-709265-11.jpg ]

*イメージ図


革新的なブランド「ポルフィディオ」の世界を是非、お楽しみください!

【Tequila Tuesday feat. Porfidio】
4/10 (Tues) @ Casa De Sarasa
18:00-1:00
*先着で50名の方に、ポルフィディオコースターもプレゼントさせていただきます。

Casa De Sarasa
〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2-25-5 島田ビル2F
03-5428-6155

みなさまのご来店、おまちしております!
Casa De Sarasa一同、JUAST


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング